• ビデオの基準とカメラの選び方

    ビデオの画質に関するUdemyの最低基準を教えてください。

    コースを公開するためには、最低30分のビデオコンテンツが必要です。また、ビデオコンテンツは、最低720pの解像度のHD画質を備えていなければなりません。

    コース動画の必須/推奨条件の詳細は、コース品質チェックリストを参照してください。

    コースの撮影にはどのようなカメラを使えばいいでしょうか?

    公開済みのコースでビデオの撮影に使われているカメラのタイプを、いくつかご紹介します。

    • iPhone(iPhone 4モデル以上)
    • iPad(iPad 2モデル以上)
    • 大半のウェブカメラ
    • HDフリップカメラ
    • Go Proカメラ
    • 大半のDSLRカメラ


    すでにカメラをお持ちの場合は、システム設定をチェックするかインターネット検索を使って、720p以上のHD画質で撮影可能かどうかをご確認ください。製品名で検索して、解像度を確認してください。720p以上のHD画質で撮影可能ならば、Udemyのビデオ品質基準を満たしたビデオを制作できます。

    動画の画質が不明な場合は、Udemyのテスト動画サービスをご利用ください。実際のコース動画の撮影を始める前に、個別のアドバイスやフィードバックを受けられますテスト動画の詳細はこちらをご覧ください)。

    コースビデオの制作にはどのようなソフトウェアが必要ですか?

    スクリーンキャストを録画する場合や、ビデオの編集やエクスポート用のツールをお探しの場合の参考として、これまでUdemy講師が使用してきたツールをいくつかご紹介します。

    • PCまたはMac
      • Camtasia、Screenr、Snagit
    • Macのみ
      • QuickTime, iMovie, ScreenFlow
    • PCのみ
      • CamStudio、Microsoft Expression

    動画ファイルのエクスポート時の推奨設定を教えてください(コーデック設定や動画ファイル形式など)。

    撮影したビデオをソフトウェアで編集した場合は、ビデオファイルとしてエクスポートする必要があります。Udemyでは、なるべく多くのビデオ/オーディオ設定やコーデックに対応するよう努めていますが、ビデオをできるだけスムーズにアップロードするために以下の設定をお勧めします。

    画質: 最高(使用可能な場合)

    コーデック: H.264、HEVC、ProRes

    解像度: 1920x1080以上

    メモ: 動画レクチャーの最低解像度は1280x720です(*これ未満の解像度では承認されません)。

    縦横比: 16:9

    メモ: 縦横比16:9を超える動画は、システムにより自動的に16:9に修正されます。これにより画質が低下した場合、その動画は品質審査チームにより却下される可能性があります。

    画面の向き: 横向き(縦向きにはできません)

    フレームレート: 25~60 fps(*現在すべての出力は30 fpsにリサンプリングされています)

    推奨ビットレート:

    H.264

    • 1920x1080 @ 10 Mb/s
    • 1280x720 @ 5 Mb/s

    HEVC

    • 1920x1080 @ 6 Mb/s
    • 1280x720 @ 3 Mb/s

    ProRes

    • 自動

    オーディオトラック: 必要(*オーディオトラックがない動画は承認されません)

    オーディオコーデック: AAC(256 kb/s以上)またはPCM

    オーディオチャンネル: 2(ステレオ)

    マルチメディアコンテナ: MP4またはMOV

    最大ファイルサイズ: 4 GB

    最長時間: 4時間

    サイトアップローダーでアップロード可能なファイルサイズは、1.5 GBまでです。それより大きなファイルをロードする場合や、複数のファイルを同時にアップロードする場合は、一括アップローダーをご使用ください。

    ファイルが4 GB未満であれば、一括アップローダーでアップロードできます。一括アップローダーを使ってファイルがアップロードされると、ライブラリに表示されます。

    videoupload2020.jpg

    Udemyコースの必須/推奨条件の詳細は、コース品質チェックリストを参照してください。

    質の高いコース動画を撮影するためのさらに詳しいガイドは、こちらのリソースを参照してください。

     

    記事を読む