• 違反を報告する

    すべての学習者と講師は、Udemyの利用規約および信頼と安全に関するポリシーを理解し、これに従って行動する責任を負います。違反の可能性を報告する場合、Udemy内で報告する方法と、Trust & Safetyチームに直接連絡する方法があります。

    コース紹介ページから報告する

    コース紹介ページのコース画像やその他の部分に関する問題を報告する場合は、ページをコースレビューの下までスクロールし、「違反を報告する」をクリックします。

    report_abuse_8.45.00_AM.png

    レクチャー内で報告する

    レクチャー内で違反を報告するには、コースプレーヤーの右下にある歯車のアイコンをクリックします。レクチャー内の一部で違反がある場合は、問題箇所のタイムスタンプを書き留め、それも併せて報告するようにしてください。

    report_abuse_in_course_player.png

    その他の違反を報告する

    ページ内やコースプレーヤー以外からポリシー違反を報告する場合や、ポリシーについて一般的な議論をしたい場合は、policy@udemy.comに直接ご連絡ください。違反の可能性を報告する場合、問題があるコンテンツの直接リンクやスクリーンショットなどの詳細を含めるようにしてください。Udemyのチームが必要に応じて調査しフォローアップいたします。

    レビューを書く

    あなたのコース体験が、受講を検討する他の受講生にとって参考になると考えられる場合は、Trust & Safetyへの報告に加え、レビューを書くこともできます。レビュー内容は専門的な内容で、かつレビューのガイドラインに従うようにしてください。

    返金申請

    コースに満足いただけない場合は、その理由を問わず、返金ポリシーのガイドラインに従って返金を申請できます。返金の申請方法はこちらをご覧ください。

    記事を読む
  • 受講生のコンテンツおよび行動に関する規則

    受講生はプラットホームでのあらゆる活動について責任を負います。これには、受講生が共有するレビュー、質問、投稿、メッセージ、その他あらゆるコンテンツなど、受講生がプラットホーム上で投稿もしくは作成するコンテンツが含まれます。 

    利用規約、およびUdemyのTrust & Safetyポリシーに記載された制限事項に加え、受講生は以下の行為を行わないことに同意するものとします。

    • 不適切、攻撃的、人種差別、ヘイト、性差別、人種または民族上好ましくない、ポルノ、虚偽、誤解を招く、不正確、侵害、中傷、名誉棄損、他社のプライバシーの侵害、マネーロンダリングやギャンブルに関連するまたはそれを推奨するもの、もしくはその他の不法行為に値するコンテンツや情報を投稿または提供すること。
    • 未成年に危害を加えるようなコンテンツや情報を投稿または提供すること。 
    • 未承諾または無許可の宣伝、広告資料、迷惑メール、スパムやその他の形式の勧誘(営利目的か否かに関わらず)を、本サービスを通じて、またはいずれかのユーザーに対して、投稿または送信すること。
    • Udemyが第三者からライセンスを取得し、または第三者にロイヤリティを支払わなくてはならない活動を行うこと。これには、音楽作品や音声記録物の公演に対するロイヤリティの支払いを含みます。
    • 他人になりすます、または許可なく他人のアカウントのアクセス権限を取得すること。あるいは、コンテンツや情報の出所について他者を欺くまたは誤解させること。
    • 本サービスのフレーミングもしくは組み込み(コースの無料版の組み込みなど)を行い、またはその他の方法で本サービスを迂回すること。あるいは、
    • Udemyのリソース(サポートサービスを含む)を乱用すること。

    受講生がインドを拠点としてUdemyのサービスを利用する場合、受講生は上記の規則に加えて、『Information Technology (Intermediaries Guidelines) Rules, 2011』のRule 3(2)に従うことに同意するものとします。 

    Udemy利用規約またはその他のポリシーに違反した場合、受講生のアカウントは制限され、最悪の場合、プラットホームの利用が禁止されることがあります。

    記事を読む
  • 私の商標を侵害しているUdemyコースを報告するにはどうすればよいですか?

    Udemy商標ポリシー

    商標権侵害の申し立ての報告:

    Udemyは、商標権侵害の申し立てを真剣に受け止めています。Udemyのポリシーとしては、サードパーティの商標を侵害していることが報告されて判明した場合、プラットフォームからコンテンツを削除します。

    講師があなたまたはあなたが代表する組織が所有する商標を侵害していると誠実に確信している場合は、ウェブフォームから正式な申し立てを送信できます(このフォームは英語のみであることにご注意ください)。

    ご希望の場合は、Udemyの知的財産に関するポリシーの指示に従って、メールまたは郵便で申し立てを送信することもできます。

    商標権の申し立てを処理するには、書面による通告(「商標削除通告」)に次の情報を含める必要があります。

    • あなたの連絡先情報(氏名、郵送先住所、メールアドレスまたは電話番号)。
    • 商標権を主張する特定の単語、記号など。
    • 登録番号を含む、国または地域の登録など、商標権の主張の根拠(該当する場合)。
    • あなたが商標権を主張する国または法域。
    • あなたが権利を主張する商品および/またはサービスのカテゴリー。
    • 報告したコースのURL内の登録商標が使用されている正確な場所。 
    • このコンテンツがあなたの商標をどのように侵害しているかについての説明。
    • あなたが権利所有者でない場合、あなたと権利所有者との関係の説明。
    • あなたが苦情を申し立てている商標の使用が商標の所有者、代理人または法により承認されていないものであるということを、誠実に確信している旨の声明文。
    • この通告内の情報が正確であり、偽証罪の場合は偽証罪に問われることを承知の上で、あなたは侵害されているとされる商標の所有者であるか、所有者に代わって行動する権限を与えられていることを示す声明文。
    • Udemyが、影響を受けるユーザーに、あなたの連絡先情報を含む、あなたの申し立てを転送することを許可する声明文。 
    • あなたの電子署名("/s/"の後にあなたの氏名を記入します。例: "/s/ Jane Doe")または手書きの署名。

    虚偽または誤解を招く侵害の申し立てを提出すると、責任が生じる可能性があることに注意してください。 Udemyは、商標権侵害の申し立てについて虚偽または誤解を招く通告を提出した当事者に対して損害賠償を求める権利を留保します。

    複数の侵害:

    Udemyは、講師がマーケットプレイスから他人の商標権を侵害するコンテンツを投稿した場合を含め、いつでもその講師のアカウントを終了する権利を留保します。

    記事を読む
  • 私の著作権を侵害しているUdemyコースを報告するにはどうしたらいいですか?

    UDEMY著作権ポリシー


    著作権侵害の報告:
    Udemyでは、著作権侵害を真剣に受け止めています。該当法に準拠する著作権侵害の申し立てに対し、Udemyは真剣に対処しています。www.udemy.com(以降「ウェブサイト」)上で、またはこのウェブサイトからアクセス可能な教材があなたの著作権を侵害している場合は、こちらのフォームを使って書面で通知することで、それらの教材をウェブサイトから削除(またはアクセス不可に)するよう要請できます。(このフォームには、英語で記入してください。)

    デジタル・ミレニアム著作権法のオンライン侵害責任制限法(17 U.S.C. § 512)(「DMCA」)に従い、書面による通知(「DMCA通知」)には以下を明確に含める必要があります。

    • 侵害されたとされる対象の所有者の代理として行動をとる承認を与えられた人物の実際の署名または電子署名。
    • 侵害されたとされる著作権作品。または、1件の通知で1つのオンラインサイトの複数の著作権作品を通知する場合には、そのサイトにおける作品のリスト。
    • 削除対象となるまたはアクセスを無効とする、侵害されたとされるまたは侵害活動の対象となる教材、そしてUdemyがその教材を見つけるための十分な情報(その教材が含まれたウェブページのURLなど)。
    • 住所、電話番号、また可能であれば連絡のつくメールアドレスといった、Udemyがあなたに連絡を取るために十分な情報。
    • あなたが苦情を申し立てている教材の使用が著作権の所有者、代理人または法により承認されていないものであるということを、誠実に確信している旨の声明文。
    • 通知内の情報が正確であり、(そうでない場合には)偽証の罰に問われることを承知の上で、あなたが侵害されているとされる所有物の独占的権利の所有者の代りに行動することが許可されていることを示す声明文。

    DMCAの512(c)(3)項の要件が満たされていない場合には、あなたのDMCA通知は無効となることがあります。

    ウェブサイト上の教材または活動があなたの著作権を侵害していると故意に実質的に虚偽の申し立てをした場合には、DMCAの512(f)項に基づき、被害(費用や弁護士料金など)に対する責任を負わなくてはならなくなることがあります。

    反論通知の手続き:

    あなたがウェブサイトに投稿した教材が削除されたり、そこへのアクセスが無効にされたことが間違いによるものだと思われる場合には、takedowns@udemy.comに書面による通知を送信し、反論の通知(「反論通知」)をすることができます。DMCAに従い、反論通知には以下を明確に含める必要があります。

    • あなたの氏名、住所、電話番号。
    • 削除または無効とされた教材、および削除またはアクセス禁止前に教材が表示されていた場所(URL)。
    • 偽証の罰に問われることを承知の上で、本来削除またはアクセス禁止されるべき教材と間違われてあなたの教材が削除またはアクセス禁止とされたと誠実に確信する旨を示す声明文。
    • あなたが居住する法管轄の連邦地方裁判所の管轄または、または住所がアメリカ合衆国外にある場合には、Udemyが籍を置くいずれかの司法管轄内に同意すること、そしてUdemyに削除通知を送った人物またはその人物の代理人からのプロセスを受諾する旨の声明文。
    • あなたの実際の署名または電子署名。

    元のDMCA通知の提出者が、あなたの反論通知の受け取りから10日以内にあなたに対して法的措置をとらなかった場合、DMCAに基づいてUdemyは削除されたコンテンツを元に戻すことができます。
    ウェブサイト上の教材または活動が間違って削除または無効にされたと、故意に実質的に虚偽の申し立てをした場合には、DMCAの512(f)項に基づき、被害(費用や弁護士料金など)に対する責任を負わなくてはならなくなることがあることに注意してください。


    複数の侵害:
    Udemyでは、侵害を繰り返し行うユーザーを状況に応じて無効および/または削除します。

    記事を読む
  • デジタルサービス法に関する情報: 欧州連合のユーザーのみ

    更新日: 2024年2月16日

    Udemyは、世界中で個人とビジネスの両方のレベルアップに役立つ柔軟で効果的なスキル開発を提供することにより、学びを通じて人生をより豊かにすることに取り組んでいます。教育と透明性の両方に関する取組みの一環として、Udemyは、EUデジタルサービス法(以下「DSA」)の規定に従って以下の情報を提供します。

    当局向けの単一の連絡窓口

    DSAの第11条の規定により、オンラインプラットフォームは、DSAの施行および実施に関してEU加盟国当局、欧州委員会および欧州デジタルサービス評議会と直接連絡をとることができる単一の連絡窓口を指定しなければなりません。

    DSAに関するこれらの当局から Udemyへの連絡は、dsacompliance@udemy.comを通じて行うことができます。この連絡は英語で行う必要があります。また、あなたの氏名、連絡先情報、およびEUに拠点を置く当局のうちUdemyに連絡するあなたが代理する当局の名称を必ず明記してください。 

    DSAの第16条に基づく違法なコンテンツの報告

    Udemyプラットフォーム上で見つけた違法と思われるコンテンツを報告するには、こちらをクリックしてください。また、Udemyプラットフォーム上にある違法の疑いのあるコンテンツは、違反の報告機能を通じて報告することもできます。 

    あなたが公認報告者(trusted flagger)である場合、上記のフォームを使用してコンテンツを報告することも、dsacompliance@udemy.comに宛ててUdemyに連絡することもできます。 

    欧州連合における月間平均アクティブ利用者に関する情報

    DSAの第24(2)条により、オンラインプラットフォームは、少なくとも6か月ごとにEUにおける月間平均アクティブ利用者に関する情報を公開する必要があります。

    2024年1月31日を最終日とする6か月間について平均を算出した結果、欧州連合内でのUdemyのサービスの月間アクティブ利用者(DSAの定義による)は約460万人でした。 

    この情報はDSAの要件を満たすためにのみ提供されており、その他の目的に使用するべきではありません。この情報は、他の文脈において報告されるユーザー指標とは異なる可能性があります。 

    記事を読む