• プロモーションメールまたはお知らせを送信できないのはなぜですか?

    お知らせまたはプロモーションメールを送信する際に、問題または警告が通知される場合は、以下のトラブルシューティング手順が役に立つことがあります。

    プロモーションメールおよびお知らせの送信時に発生する問題のトラブルシューティング方法

    制限されたリンク

    リンクに関する警告が通知される場合は、外部リンクをプロモーションメールに使用することが禁止されており、お知らせのためにUdemyコースのリンクを送信できないことにご注意ください。リンクを削除して再度試してください。

    外部リンクに関する誤警告

    外部リンクを掲載していない場合にも、テキストの文字列の途中にピリオドが含まれていることでお知らせおよびプロモーションメールエディターがリンクと混同する可能性があります。不要な句読点を削除し、各ピリオドの後にスペースを入れると解決することがあります。たとえば、「Here's a great deal.My course is only $15.」という文は、「deal.My」が原因で外部リンクの警告を引き起こす可能性があります。

    誤警告は、プロモーションメールまたはお知らせが別のソース(Microsoft Word、Google Docなど)からコピー&ペーストされた場合にも発生する場合があります。講師はテキストエディターを使用してお知らせを作成することをお勧めします。書式が埋め込まれていると、予期しない問題が発生することがあります。コピーを書式なしの状態でお知らせおよびプロモーションメールツールにペーストしても、問題が解決する場合があります。

    無料コースへのプロモーションメールの送信

    指導している無料コースにプロモーションメールを送信しないでください。プロモーションメールを無料コースに送信することは認められていません。

    お知らせの送信時の問題が継続する場合、問題のトラブルシューティングを進めるために、お知らせの本文および挿入画像を添付してUdemyサポートに連絡してください。また、表示されているエラーのスクリーンショットも送信していただくとサポートチームの役に立ちます。

    記事を読む
  • ベストプラクティス: プロモーションメールに印象的な件名を作成

    プロモーションメールに心に訴える明確な件名を使用すると、受講生が注目し、メッセージを開いて読む気になります。一方、件名があまりに「セールス」色が濃く陳腐な表現である場合、受講生は関心を失い、プロモーションメールを登録解除する可能性が高くなるでしょう。

    受講生を引き付けるのに役立つベストプラクティスは以下に紹介します。

    • 件名を短く簡潔に保つ
      • 長い件名のEメールは受講生に無視される傾向があることがデータで判明しています。
    • 感嘆符付きの件名、すべて大文字のフレーズ、派手でスパムメールのような言い回しを避ける
      • 感嘆符付きやすべて大文字にした件名は、受講生に悪印象を与えることがよくあります。受講生はEメール受信登録を解除する可能性があり、その場合は今後のお知らせが届かなくなります。
    • 「無料」、「セール」、「%オフ」などの使い古された言葉を避けながらEメールを開きたくなる理由を与える
      • 「無料」などのどこでも耳にする言葉はスパムフィルターにはじかれ、ありきたりなプロモーションメールと取られる可能性があります。そのため、プロモーションメールの件名には、プロモーションに関連する機会を設けてみましょう。機会とは、1年の特定の時期、誕生日、個人的な達成などのことです。たとえば、講師の誕生日の週にコースの特別なプロモーションを実施することができます。プロモーションメールの件名には、「今週わたしとお祝いをしましょう」などの例が使用できます。
    • 件名を質問形式で記述してみる
      • たとえば、起業の初心者によくある失敗を学ぶ新しいコースについてプロモーションメールを送信したいとします。件名は質問形式を使用した「多くの起業家が失敗してしまうのはなか」などが使えます。
    • 異なる件名を試す
      • さまざまな件名を試すことは、どの件名が最も受講生の心に訴えるかを判断するのに役立ちます。同じ件名を使い続けると、受講生はたちまち興味を失い、メッセージを開くのをやめてしまうでしょう。

     

    記事を読む
  • プロモーション用メール: 規則とガイドライン

    プロモーションメールは、あるコースの受講生に、同じ講師の他のUdemyコースについて知らせるためのツールです。このメールは、あなたの受講生だけに送信することを目的として作成されています。このため、あなたのコースについての情報だけを含めることができます。受講生が講師(およびUdemy)をスパムとみなしてしまい、両者の関係が悪化することがあるため、他の講師のコースを販売するようなことはしないでください。プロモーションメールの上手な使い方については、こちらをクリックしてください。

    講師 - 詳しいガイドライン

    • プロモーションメールを送信できるのは、コースにつき月2回だけです。
    • プロモーションメールは、自身が講師として表示されているコースからのみ送信することができます。
    • コースのクーポンコードへのリンクを送信することができます。コースのクーポンコードを作成する方法の詳細については、こちらをクリックしてください。
    • プロモーションメールに、外部リンクや外部リンクへの参照を含めることはできません。この制限の中には、YouTubeへのリンクや他のコースのプラットフォーム、金銭や個人情報を要求するページ、および自身のWebサイトも含まれますが、これらに限りません。
    • 受講生の個人情報を要求したり投稿したりすることはできません

    講師がシステムの悪用を試み、Udemyのポリシーの精神に明らかに反している場合、あるいは受講生に高い登録解除率や返金率といった非常に否定的な影響がみられる場合、Udemyはポリシー違反があったと判断します。

    エスカレーションポリシー

    ポリシー違反があった場合の措置については、こちらを参照してください。

    記事を読む