• 指導目的のお知らせまたはプロモーションメールを送信できないのはなぜですか?

    指導目的のお知らせまたはプロモーションメールを送信する際に問題が発生したり、警告が表示されたりする場合は、以下のトラブルシューティング手順で解決できる場合があります。書式エラーや送信エラーを回避するための手順についても説明しています。

    指導目的のお知らせおよびプロモーションメールの送信時に発生する問題のトラブルシューティング方法

    制限されたリンク

    リンクに関する警告が表示される場合は、プロモーションメールでは外部リンクが禁止されていること、指導目的のお知らせではUdemyコースのリンクを送信できないことにご注意ください。リンクを削除して再度試してください。

    外部リンクに関する誤警告

    外部リンクを掲載していない場合にも、テキストの文字列の途中にピリオドが含まれていると、指導目的のお知らせおよびプロモーションメールのエディターでリンクと混同される可能性があります。不要な句読点を削除し、各ピリオドの後にスペースを入れると解決することがあります。たとえば「Here's a great deal.My course is only $15.」という文は、「deal.My」が原因で外部リンクの警告が表示される可能性があります。

    リンクの誤警告は、指導目的のお知らせまたはプロモーションメールが別のソース(Microsoft Word、Google Docなど)からコピー&ペーストされた場合にも発生する場合があります。講師はテキストエディターを使用してお知らせを作成することをお勧めします。書式が埋め込まれていると、予期しない問題が発生することがあります。書式なしの状態のコピーをテキストエディターにペーストすると問題が解決する場合もあります。

    無料コースへのプロモーションメールの送信

    指導している無料コースにプロモーションメールを送信しないでください。プロモーションメールを無料コースに送信することは認められていません。

    お知らせの送信に関する問題が解決しない場合は、お知らせの本文および挿入画像(ある場合)を添付してUdemyサポートチームにご連絡ください。サポートチームで詳しくお調べします。その際、表示されるエラーメッセージのスクリーンショットも添付していただくと、サポートチームの参考になります。

    コースが「無料」から「有料」に何度も変更された場合

    講師は常に、自身のコースを無料から有料、有料から無料に変更できます。コースが公開されると、「無料から有料」への切り替えがUdemyのシステムで追跡されます。「無料から有料」への切り替えが複数回行われた場合、このコースでプロモーションメールを送信できる機能が無効になります。以下に、いくつかのシナリオと、それによるプロモーションメールへの影響をご紹介します。

    1- コースを無料で公開し、有料に切り替え - プロモーションメールに影響なし

    2- コースを有料で公開し、無料に切り替え、有料に切り替え、無料に切り替え、有料に切り替え - プロモーションメールは無効

    3- 無料で公開、有料に切り替え、無料に切り替え、有料に切り替え - プロモーションメールは無効

    変更回数はシナリオによって異なりますが、詳しく見てみると、プロモーションメールが無効になった2つのケースでは、公開されたコースが無料から有料に2回変更されていることがわかります。

    講師として表示されていますか?

    指導目的のお知らせまたはプロモーションメールを送信するには、そのコースに講師とし表示されている必要があります。講師として表示されていない場合は、「コミュニケーション」ページで「作成」アイコンがアクティブになりません。

    講師の権限とその編集方法の詳細については、こちらをクリックしてください。

    create_promotional_email.png

    メッセージで絵文字を使用する

    指導目的のお知らせとプロモーションメールのテキストエディターは絵文字をサポートしていないため、メッセージに絵文字を含めないでください。絵文字を含めると、書式エラーや送信時のエラーが発生します。

    送信メッセージの書式の問題

    上述したように、メッセージをコピーして貼り付けるのではなく、テキストエディターでメッセージを作成することをお勧めします。そうすることで、予期しない書式の問題を回避できます。

    記事を読む