• 外部リンクとクーポンコードに関する警告

    Udemyの使命は、オンライン指導および学習の最適な場所となることです。その使命を果たし、受講生に素晴らしい教育体験を提供するために、Udemyは基本原則を順守してコースを作成し、受講生と交流することを講師にお願いしています。

    これらのガイドラインに違反する可能性のあるコンテンツを追加しようとすると、以下のようなシステム警告の1つ以上出力され、コンテンツの一部を修正、編集、または削除することが求められる場合があります。警告を受ける理由をいくつか以下に示します。

    他のUdemyのコースへのリンクまたはクーポン

    警告の例:

    coupon_warning.png

    • 警告の表示場所:コースのリンクやクーポンコードに関してこの警告が表示されるのは、指導目的のお知らせを送信するとき、またはコースの内容(コースディスカッション、レクチャーとレクチャー説明)やコースのマーケティング項目(講師の経歴、タイトル/サブタイトル、プロモーションビデオ、コース概要、学習目標、コース公開の必須条件、受講対象者など)を編集するときです。
    • 警告が表示される理由: 他のUdemyコースを宣伝する適切な場所は、プロモーションメールツールまたはボーナスレクチャーです。これにより、受講生の学習用スペースとプロモーション用スペースを個別に確保しています。 Udemyの講師コミュニティーガイドラインでは、上述の領域は指導目的のコンテンツ専用であるため、他のUdemyコースへのリンクなどの宣伝行為は禁止です。その領域でUdemyコースまたはクーポンコードへのリンクがシステムにより検出された場合、この警告が表示されます。
    • 次の作業: 該当するリンクを削除してから再度「保存」を押して続行します。

    外部リンク

    警告の例:
    course_description.png

    • 警告の表示場所: 外部リンクに関するこの警告が表示される可能性があるのは、お知らせを送信するとき、あるいはコースの内容(コースディスカッション、レクチャーとレクチャーの説明)またはコースのマーケティング項目(講師の経歴、タイトル/サブタイトル、プロモーションビデオ、コース概要、コースの目的および目標、コースの必要条件、コース対象者)を編集するときです。
    • 警告が表示される理由: 外部リソースを宣伝するための適切な場所はボーナスレクチャーです。これにより、受講生の学習用スペースと宣伝用スペースを個別に確保しています。その領域で外部リソースへのリンクがシステムにより検出された場合、この警告が表示されます。
    • 次の作業: 該当するリンクを削除してから再度「保存」を押して続行します。

    条件付き外部リンクに関する警告

    警告の例:
    external_link_warning.png

    • 警告が表示される理由:外部リンクに関するこの警告メッセージは、指導目的のお知らせ、コースレクチャー、またはレクチャー説明に外部リンクまたはリンクの一部が含まれていることがUdemyのシステムで検出されると表示されます。Udemyのシステムでは教育用のリンクと非教育的リンクを区別できないため、リンクが教育用のものである場合もこの警告がリマインダーとして表示されます。  
    • 次の作業内容を再確認してください。リンクが無料の教育コンテンツと関係ない場合(実質的にはプロモーション用など)、そのリンクを削除してから次に進みます。指導目的のお知らせがポリシーに違反していることが発見された場合は、Udemyのガイドラインに基づき、メッセージ送信の権限が一時的に停止されたり、コースがサイトから削除されたりする可能性があります。  リンクが教育用コンテンツであり、警告がエラーであると考えられる場合には、テキストを編集する必要はありません。次の作業に進んでください。

    指導目的のお知らせのガイドラインに関する詳細は、こちらをご覧ください。

    記事を読む
  • コース紹介ページ: 規則とガイドライン

    コース紹介ページには、タイトル、サブタイトル、コース概要、講師のプロフィール、およびコースの目的が含まれています。講師は、このページを使用して、コースが自分にあったものかどうかを受講生が判断する際に役立つ情報を提供します。

    不適切なマーケティングメッセージは使用しないでください。コースが適していないために望ましい学習体験が得られなかった受講生がいると、低いレビュー評価が付いたり、参加率が低下したりする可能性があります。講師のプロフィール内の指定されたリンクフィールドを除き、クーポンコード、コース紹介リンク、外部リンクを記載しないでください。

    講師 - 詳しいガイドライン

    Udemyではコース紹介ページのあらゆる部分において、以下を厳しく禁止しています。

    • 誤解を招くようなマーケティングメッセージ
    • クーポンコード、クーポンコードへの参照、コース紹介リンク
    • 外部リンク(講師プロフィールの専用リンクフィールドを除く)

    自身の他のUdemyコースへの参照は、受講生にとって役立つ場合にのみ、ページに含めることができます。たとえば、大きなコースAと、Aの内容の一部を補完する小さなコースBがある場合は、コース紹介ページやプロモーションビデオで受講生に伝えるほうが有意義です。この機能を他のコースの販売目的に使用しないでください。これは、受講生が十分な情報を得た上でコースを決定できるようにするための機能です。

    講師がシステムの悪用を試み、Udemyのポリシーの精神に明らかに反している場合、あるいは受講生に高い登録解除率や返金率といった非常に否定的な影響がみられる場合、Udemyはポリシー違反があったと判断します。

    エスカレーションポリシー

    ポリシー違反があった場合の措置については、こちらを参照してください。

    記事を読む
  • プロモーション用メール: 規則とガイドライン

    プロモーションメールは、あるコースの受講生に、同じ講師の他のUdemyコースについて知らせるためのツールです。このメールは、あなたの受講生だけに送信することを目的として作成されています。このため、あなたのコースについての情報だけを含めることができます。受講生が講師(およびUdemy)をスパムとみなしてしまい、両者の関係が悪化することがあるため、他の講師のコースを販売するようなことはしないでください。プロモーションメールの上手な使い方については、こちらをクリックしてください。

    講師 - 詳しいガイドライン

    • プロモーションメールを送信できるのは、コースにつき月2回だけです。
    • プロモーションメールは、自身が講師として表示されているコースからのみ送信することができます。
    • コースのクーポンコードや紹介リンクを送信できます。コースのクーポンコードを作成する方法の詳細については、こちらをクリックしてください。
    • プロモーションメールに、外部リンクや外部リンクへの参照を含めることはできません。この制限の中には、YouTubeへのリンクや他のコースのプラットフォーム、金銭や個人情報を要求するページ、および自身のWebサイトも含まれますが、これらに限りません。
    • 受講生の個人情報を要求したり投稿したりすることはできません

    講師がシステムの悪用を試み、Udemyのポリシーの精神に明らかに反している場合、あるいは受講生に高い登録解除率や返金率といった非常に否定的な影響がみられる場合、Udemyはポリシー違反があったと判断します。

    エスカレーションポリシー

    ポリシー違反があった場合の措置については、こちらを参照してください。

    記事を読む
  • クーポンとコース紹介リンクに関する規則とガイドライン

    講師は、Udemyプラットフォームの内外でクーポンやコース紹介リンクを使って、受講生に自身のUdemyコースを宣伝することができます。クーポンとコース紹介リンクは、プロモーションメールとボーナスレクチャーでのみ使用できます。クーポンはUdemyプラットフォーム以外では使用できません。これは、コースを受講し始めた受講生は、「販売」が行われない安全な学習環境を望んでいるためです。

    講師 - 詳しいガイドライン

    • クーポンやコース紹介リンクは、以下の方法でのみ送信できます。
      • プロモーションメールを使用
      • Eメールやソーシャルメディアを使用して自身のコース対象者に送信
    • 以下のお知らせやページに、クーポンやコース紹介リンクを記載することはできません。
      • 指導目的のお知らせ
      • コース紹介ページ
      • コース教材(ボーナスレクチャーを除く)
      • 受講生へのダイレクトメッセージ
      • コースディスカッション

    講師がシステムの悪用を試み、Udemyのポリシーの精神に明らかに反している場合、あるいは受講生に高い登録解除率や返金率といった非常に否定的な影響がみられる場合、Udemyはポリシー違反があったと判断します。

    エスカレーションポリシー

    ポリシー違反があった場合の措置については、こちらを参照してください。

    記事を読む
  • マーケティングツール: 規則とガイドライン

    Udemyは、講師が自身のUdemyコースだけを受講生に販売することができように、マーケティングツールを提供しています。ボーナスレクチャー以外に、他の関連商品を受講生に販売できるスペースはありません。

    Udemyが提供しているマーケティングツールは以下のとおりです。

    • コース紹介ページ: コースの価値を伝えるページです。
    • クーポンとコース紹介リンク: 講師の他のUdemyコースをプラットフォーム外の受講生に宣伝することができます。
    • プロモーションメール: 講師の他のUdemyコースを受講生に販売できます。
    • ボーナスレクチャー: 他のコースや関連商品を受講生に販売できます。

    これらのツールは、講師がUdemy外の対象者に自身のUdemyコースを宣伝できるようにすることを目的として提供されています。また、あるコースの受講生が、同じ講師の他の優れたUdemyコースを見つける際にも役立ちます。講師は、これらのツールを使用して、他者が作成したコースや他の製品をUdemyの受講生に販売することはできません。

    講師がこれらの行為をした場合、コミュニティー全体が、学習に意欲的な受講生が集まる場所を失うことになります。受講生はプラットフォームから離れたり、商品を売りつけられていると感じて登録解除したりします。

    マーケティングツールについて

    • プロモーション用メール: あるコースの受講生に、同じ講師の他のUdemyコースについてお知らせするツールです。このお知らせは、自分の受講生だけに送信することを目的として作成されているため、掲載できる情報は自分のコースに関するものに限られます。受講生が講師(およびUdemy)をスパムとみなしてしまい、両者の関係が悪化することがあるため、他の講師のコースを販売するようなことはしないでください。
      • 講師がプロモーションメールを使用してできること、およびできないことについては、こちらのガイドラインを参照してください。
    • クーポンとコース紹介リンク: Udemyプラットフォームの内外で、受講生に自身のUdemyコースを宣伝できます。クーポンとコース紹介リンクは、プロモーションメールとボーナスレクチャーでのみ使用できます。クーポンはUdemyプラットフォーム以外では使用できません。これは、コースを受講し始めた受講生は、販売が行われない安全な学習環境を望んでいるためです。
      • クーポンの作成方法については、こちらを参照してください。クーポンの作成方法については、こちらを参照してください。
      • クーポンとコース紹介リンクを使ってできること、できないことに関する詳細なガイドラインは、こちらを参照してください。
    • コース紹介ページ: コース紹介ページには、タイトル、サブタイトル、コース概要、講師のプロフィール、およびコースの目的が含まれています。講師は、このスペースを使用して、コースが自分にあったものかどうかを受講生が判断する際に役立つ情報を提供します。他のコースや商品を受講生に販売したり、誤解を招くマーケティングメッセージを提供したりしないでください。
      • 効果的なコース紹介ページを作成する方法については、こちらを参照してください。
      • 講師がコース紹介ページを使用してできること、およびできないことについては、こちらのガイドラインを参照してください。
    • ボーナスレクチャー: コースの最終レクチャーのあとに追加する最後のレクチャーをボーナスレクチャーといいます。講師はボーナスレクチャーを追加して、他のUdemyコースや商品を受講生に販売したり、コースの理解を深めるための資料について受講生に知らせたりできます。講師がボーナスレクチャーを利用する方法については、こちらのガイドラインを参照してください。

    エスカレーションポリシー

    ポリシー違反があった場合の措置については、こちらを参照してください。

    記事を読む
  • ボーナスレクチャー: 規則とガイドライン

    ボーナスレクチャーとは

    ボーナスレクチャーは、他のコース教材がすべて終わった後に投稿される、コース最後のレクチャーです。このスペースは、あなたが提供している他のコース、製品、サービスを受講生に宣伝する目的で使用できます。講師のマーケティングツールとお考えください。

    一般的に、講師はボーナスレクチャーのスペースを使って、クーポンコード、コース紹介リンク、他の製品やサービスへの外部リンク、補助的なコース教材へのアフィリエイトリンクなどを提供しています。

    ボーナスレクチャーに関する規則

    ボーナスレクチャーはマーケティングツールであることから、学習そのものへの影響がないように、使用に際して規則が定められています。 

    • ダイレクトメッセージ、コース紹介ページ、お知らせなど、Udemyの他のスペースでボーナスレクチャーについて言及することはできません
    • 許可されているボーナスレクチャーの数は1コースあたり1つのみであり、その場所はコースの最後でなければなりません
    • PDFなどのリソースがある場合は、ボーナスレクチャーの内部に含めなければなりません
    • ボーナスレクチャーを無料プレビューの一環として使用することはできません
    • ボーナスレクチャーのタイトルには、「ボーナスレクチャー」、「ボーナスセクション」、「ボーナスレッスン」など、「ボーナス」という言葉を入れなければなりません 
    • ボーナスレクチャーに含まれる教材について、内容がコース紹介ページ内で確認できるようレクチャーのタイトルや説明に記載することはできません

    講師がシステムの悪用を試み、Udemyのポリシーの精神に明らかに反している場合、あるいは受講生の登録解除率や返金率の高さなどの深刻な悪影響がみられる場合、Udemyはポリシー違反があったと判断します。


    エスカレーションポリシー

    ポリシー違反があった場合の措置については、こちらを参照してください。

    記事を読む
  • 共同講師の関係: 規則とガイドライン

    1つのUdemyコースには、コースの作成および管理の役割を果たす複数の講師がいる場合があります。この記事の目的は、この方法を検討する講師に良い事例(コースの共同開発は専門知識を増やし、新しい観点を得るために非常に良い方法であることなど)を示し、悪い事例(講師のプロモーションセールスでUdemyの97%という大きな収入分配を獲得するためだけに共同講師の機能を使用することなど)を防ぐことです。

    Udemyで講師同士が連携する理由には主に以下の3つが見られます。

    1. コースの作成、開発、プロデュースのサポートを求めている
    2. コースの指導または管理の補助を求めている(ディスカッションへの回答など)
    3. Udemyのマーケティングツールを悪用して互いの受講生基盤を共有しようとしている

    簡潔に言えば、Udemyでは#1と#2の事例を大いに歓迎し、#3が唯一の動機である事例に対処するためにUdemyのポリシーが適用されます。

    共同講師に関するUdemyのポリシー

    Udemyは講師の革新を活用するための新しい方法を常に追求しています。そのために、講師に創造性を促す自由を与えることで、素晴らしいコンテンツを作成する新しい方法を見つけたり、互いの専門知識を利用してビジネスを拡大したりしています。すべてのツールや機能と同様に、その目的は受講生と他の仲間の講師の両方に利益をもたらすために使用することです。 しかし時々、それらのツールは、コースのお知らせやUdemyが提供するその他のツールに関するマーケットプレイスのポリシーを回避するために悪用されます。

    以下で講師を正しい方向に導くための経験則を紹介します。

    • 各自がコースの作成、開発、プロデュース、指導、または管理の形態で独自の専門知識を貢献することで共同講師になります。
    • 実際にコースのビデオに登場したり、受講生の対応をしたりする場合に共同講師をコースに掲載します。コースに掲載される講師のうち少なくとも1人が受講生の指導や交流を行う必要があります。
    • Udemyのマーケティングツールを悪用したり、互いの受講生基盤を共有したりすることを主目的として共同講師になってはいけません。
      • たとえば、あなたがコースを公開した後に、別の講師が互いの受講生への宣伝しあうためだけにペアを組むことはUdemyポリシーに違反します。実際に互いのコースのマーケティングに関心がある場合、アフィリエイトになることでそれを実施できます。
      • 最初からコースを共同開発または共同管理したい場合は全く問題ありません。コースに複数の講師を登録することがその目的です。

    共同講師の関係を悪用するとすべてのユーザーに影響が及ぶことを忘れないでください。講師がこのようにマーケティング能力を強化しようとすると、受講生には悪影響が出ることが分かっています。コースに登録している受講生10人につき、最大20人の受講生がコースのお知らせの登録を解除しています。また、講師メールの登録解除率がマーケットプレイス平均の5倍になります。これはマーケットプレイスのすべての講師に損害を与えます。受講生は1人の講師のお知らせを登録解除するだけでなく、Udemyからのメールをすべて登録解除します。

    講師がシステムの悪用を試み、Udemyのポリシーの精神に明らかに反している場合、あるいは受講生への深刻な悪影響(共同講師の振る舞いによる高い登録解除率や返金率)が見られる場合、Udemyはポリシー違反があったと判断します。

    間違いは誰にでもあるため、ほとんどの場合、最初の違反については警告が与えられます。2回目以降の違反は、商品機能(コースのお知らせなど)へのアクセス停止、アカウントの一時停止、あるいはまれにアカウントの強制終了に至る場合があります。

    共同講師をコースに追加する場合は、信頼できる知人にすることをお勧めします。共同講師と利益を分配したり編集権限を与えたりする場合は、さらに慎重に検討してください。Udemyの契約関係は、Udemyと各講師の間で締結されるものです。 コースに関連する共同講師のビジネス契約は、共同講師間のみで締結されるものです。

    記事を読む