• 著作権侵害摘発プログラムに関するよくある質問

    この記事では、Udemyの著作権侵害摘発プログラムの概要を説明し、同プログラムに関して多く寄せられているお問い合わせへの回答をご紹介します。

    1. 著作権侵害とは何ですか?また、Udemyのコースにどのような影響がありますか?

    著作権侵害とは、他の人が著作権を持っているコンテンツを、許可またはライセンスなしで使用または複製することです。著作権侵害に立ち向かうために、Udemyでは著作権侵害対策業者であるCorsearch社と提携し、 著作権者の代理として著作権侵害となる事案を監視し、見つけた場合は、当該サイトへのアクセスが今後行われないように、主要検索エンジンからリンクを削除するための対応を行います。

    講師の皆さんは、第三者著作権侵害レポートフォームに必要事項を入力し、著作権侵害事例についてのレポートを送信することができます。

    2. 著作権侵害摘発プログラムとは何ですか?

    この著作権侵害摘発プログラムでは、Udemyと提携する著作権侵害対策業者がGoogleの検索結果や既知の著作権侵害サイトを監視して、Googleの検索結果に表示されるリンクの中に著作権を侵害する項目かないかどうかをチェックします。著作権を侵害するリンクが見つかった場合は、「削除要請」と呼ばれる法的通知を主要検索エンジンに送付し、当該リンクへのアクセスが今後行われないようにします。

    著作権侵害摘発プログラムは、Udemyの人気コースの著作権侵害に対する予防措置的監視も行っています。さらに、Udemyの他のすべてのコースへの対応措置的サポートも用意しています。コンテンツが許可なく他のプラットフォームに掲載されていることが判明した場合は、第三者著作権侵害レポートフォームを送信してください。

    3. どのようなコースが著作権侵害摘発プログラムの適用対象になりますか?

    著作権の侵害を受けやすいのは、アクセス数の多い有料コースです。著作権侵害摘発プログラムでは、世界中のUdemyで独占公開されている、アクセス数の多い有料コースを対象としていますプログラムの対象となるコースは随時変わりますが、アクセス数の多い上位1,600の有料のUdemyコースが対象となります。

    4. 著作権侵害摘発プログラムの適用を受けるにはどのような手続きが必要ですか?

    Udemyの講師の契約条件に同意していれば、他に必要な手続きはありません。適用対象になったコースは、自動的にプログラムにオプトインされます。あなたのコースがプログラムに加わった際には、対象となったコースをメールでお知らせします。

    5. コースが著作権侵害摘発プログラムの対象になった場合は、参加費用を支払う必要がありますか?

    著作権侵害摘発プログラムは、適用されたコースに対して無料で実施されます。

    6. プログラムの対象になっていないコースの著作権侵害を発見した場合でも、サポートは得られますか?

    Udemyの著作権侵害対策業者は、特定のUdemyコースが著作権侵害摘発プログラムの対象でなくても、権利侵害と戦う講師の皆さんをサポートいたします。コースが許可なく他のプラットフォームに掲載されていることが判明した場合は、第三者著作権侵害レポートフォームを送信してください。著作権侵害対策業者が皆さんからの訴えを受け取り、調査を実施し、必要に応じて主要検索エンジンに削除要請を送付し、当該リンクへのアクセスが今後行われないようにします。

    7. 他のプラットフォームに自分でコースを掲載している場合、著作権侵害対策業者はどうやってそれが著作権の侵害ではないことを見分けるのでしょうか? 

    正規のウェブサイトに法的勧告が送られることのないように、著作権侵害対策業者は手作業による検証作業も併せて実施いたします。 

    また、Udemyの講師の皆さんから連絡があったドメインを「ホワイトリスト」にして、そのリストに含まれるドメインのサイトには削除要請を送らないようにしています。このリストへの登録を希望するウェブサイトがある場合は、Udemyにお知らせください。その情報を著作権侵害対策業者と共有いたします。 

    8. 自分のコースを無断で掲載しているウェブサイトが見つかりました。どうすればいいでしょうか?

    コースが著作権侵害摘発プログラムの対象である場合は、Udemyと提携する著作権侵害対策業者がすでに削除要請を送付し、主要検索エンジンの検索結果から不正サイトのリンクを削除して今後アクセスが行われないようにしている可能性があります。著作権侵害摘発のためのチェックは、これまでの被害のパターンなど、いくつかの要素に従って毎日または毎週実施されています。それと同時に、皆さんが不正リンクを見つけた場合は、第三者著作権侵害レポートフォームに必要事項を入力してUdemyにお知らせください。

    著作権摘発プログラムの適用を受けていないコースも、第三者著作権侵害レポートフォームを使って、侵害サイトを直接報告できます。

    9. 著作権侵害レポートを申請した後は、どうなりますか?

    著作権侵害レポートフォームに必要事項を入力して送信すると、Udemyの著作権侵害対策業者が主要検索エンジンに対し、今後検索結果に著作権侵害サイトが表示されないように削除要請を行います。 これらの要請には特別な処理が必要ですが、通常は1週間以内に行われます。

    記事を読む
  • 講師向け: Udemyによるコンテンツの保護

    他の人のためのコンテンツを制作する皆さんのような教育者と常に連携しているUdemyは、コンテンツがいかに貴重であるかを理解し、その保護に全力で取り組んでいます。

    Udemyによる講師のコンテンツの保護

    専用のプレイヤーを使用して動画を暗号化したり、すべての動画にUdemy透かしを入れるなど、Udemyでは著作権侵害対策を行っています。Udemyに動画をアップロードする際に、アップロード時間に加えて「処理」時間がかかるのはこのためです。動画を暗号化することで、盗用を困難にしています。 

    しかし、侵害者にとっては、コンピューター画面に映し出されるコンテンツがあればそれはすべて盗用の対象になります。これは当業界において避けられない問題です。Udemyは作成者に代わって、コンテンツの保護を専門的に実施する企業と密に連携しています。その企業であるCorsearch社は、最先端のテクノロジーと経験豊かなコンテンツアナリストを配置して、侵害の可能性のあるリンクの迅速な評価と対策を行っています。Corsearchについて詳しくは、同社の公式ウェブサイトをご覧ください。

    Corsearchとの協力により、Udemyは不正URLを98%以上排除できています。 

    記事を読む
  • 著作権のある可能性のあるコンテンツを使用できますか?

    使用しようとしている教材が誰か他の人のアイデアやコンテンツを侵害している可能性がある場合には、コースで使用しないことをお勧めします。コンテンツで他の人のコンテンツを使用しても良いかどうか確認する最も簡単な方法は、その人に直接連絡し、許可を得ることです。

    最終的にUdemyでは著作権問題についてアドバイスすることはできず、Udemyはプラットフォームにあなたが保存する教材について一切の責任を負いません。Udemyに保存するすべてのコンテンツの権利はあなたが保有するものであり、Udemyはあなた教材を配信するためのプラットフォームに過ぎないことを忘れないでください。
    記事を読む
  • 私の著作権を侵害しているUdemyコースを報告するにはどうしたらいいですか?

    UDEMY著作権ポリシー


    著作権侵害の報告:
    Udemyでは、著作権侵害を真剣に受け止めています。該当法に準拠する著作権侵害の申し立てに対し、Udemyは真剣に対処しています。www.udemy.com(以降「ウェブサイト」)上で、またはこのウェブサイトからアクセス可能な教材があなたの著作権を侵害している場合は、こちらのフォームを使って書面で通知することで、それらの教材をウェブサイトから削除(またはアクセス不可に)するよう要請できます。(このフォームには、英語で記入してください。)

    デジタル・ミレニアム著作権法のオンライン侵害責任制限法(17 U.S.C. § 512)(「DMCA」)に従い、書面による通知(「DMCA通知」)には以下を明確に含める必要があります。

    • 侵害されたとされる対象の所有者の代理として行動をとる承認を与えられた人物の実際の署名または電子署名。
    • 侵害されたとされる著作権作品。または、1件の通知で1つのオンラインサイトの複数の著作権作品を通知する場合には、そのサイトにおける作品のリスト。
    • 削除対象となるまたはアクセスを無効とする、侵害されたとされるまたは侵害活動の対象となる教材、そしてUdemyがその教材を見つけるための十分な情報(その教材が含まれたウェブページのURLなど)。
    • 住所、電話番号、また可能であれば連絡のつくメールアドレスといった、Udemyがあなたに連絡を取るために十分な情報。
    • あなたが苦情を申し立てている教材の使用が著作権の所有者、代理人または法により承認されていないものであるということを、誠実に確信している旨の声明文。
    • 通知内の情報が正確であり、(そうでない場合には)偽証の罰に問われることを承知の上で、あなたが侵害されているとされる所有物の独占的権利の所有者の代りに行動することが許可されていることを示す声明文。

    DMCAの512(c)(3)項の要件が満たされていない場合には、あなたのDMCA通知は無効となることがあります。

    ウェブサイト上の教材または活動があなたの著作権を侵害していると故意に実質的に虚偽の申し立てをした場合には、DMCAの512(f)項に基づき、被害(費用や弁護士料金など)に対する責任を負わなくてはならなくなることがあります。

    反論通知の手続き:

    あなたがウェブサイトに投稿した教材が削除されたり、そこへのアクセスが無効にされたことが間違いによるものだと思われる場合には、copyright@udemy.comに書面による通知を送信し、反論の通知(「反論通知」)をすることができます。DMCAに従い、反論通知には以下を明確に含める必要があります。

    • あなたの氏名、住所、電話番号。
    • 削除または無効とされた教材、および削除またはアクセス禁止前に教材が表示されていた場所(URL)。
    • 偽証の罰に問われることを承知の上で、本来削除またはアクセス禁止されるべき教材と間違われてあなたの教材が削除またはアクセス禁止とされたと誠実に確信する旨を示す声明文。
    • あなたが居住する法管轄の連邦地方裁判所の管轄または、または住所がアメリカ合衆国外にある場合には、Udemyが籍を置くいずれかの司法管轄内に同意すること、そしてUdemyに削除通知を送った人物またはその人物の代理人からのプロセスを受諾する旨の声明文。
    • あなたの実際の署名または電子署名。

    元のDMCA通知の提出者が、あなたの反論通知の受け取りから10日以内にあなたに対して法的措置をとらなかった場合、DMCAに基づいてUdemyは削除されたコンテンツを元に戻すことができます。
    ウェブサイト上の教材または活動が間違って削除または無効にされたと、故意に実質的に虚偽の申し立てをした場合には、DMCAの512(f)項に基づき、被害(費用や弁護士料金など)に対する責任を負わなくてはならなくなることがあることに注意してください。


    複数の侵害:
    Udemyでは、侵害を繰り返し行うユーザーを状況に応じて無効および/または削除します。

    記事を読む
  • 海賊版サイトでコースを見つけたらどうしたら良いですか?

    この記事では、ご自身のコースを海賊版サイトで見つけた場合に、そのことをUdemyの著作権侵害対策業者に知らせていただくための手順について説明します。

    Udemyによるコンテンツの保護

    Udemyでは専用のプレーヤーを使用したり、すべてのコースビデオにUdemyの透かしを入れています。Udemyにビデオをアップロードする際に、アップロード時間に加えて「処理」時間がかかるのはこのためです。ビデオを暗号化することで、盗用を困難にしています。

    著作権侵害摘発プログラム

    しかし、侵害者にとっては、コンピューター画面に映し出されるコンテンツがあればそれはすべて盗用の対象になります。これは当業界において避けられない問題です。 

    そこでUdemyは、「著作権侵害摘発プログラム」と呼ぶ取り組みの中で、著作権の侵害を積極的に監視する著作権侵害対策業者と提携し、皆さんのコンテンツの保護を行っています。

    Udemyの著作権侵害対策業者へのレポートの送信方法

    「著作権侵害摘発プログラム」 の予防的監視に加えて、Udemyでは、皆さんがコースの著作権を侵害していると思われるリンクを見つけた場合に、不正なコンテンツを削除するためのサポートをいたします。何らかの著作権侵害を見つけた場合は、第三者著作権侵害レポートフォームに必要事項を入力して送信していただくことで、Udemyの著作権侵害対策業者にレポートを直接送信できます。レポートを受け取った対策業者は、約1週間以内に申請を処理し、不正なリンクへのアクセスが今後行われないように、主要検索エンジンからリンクを削除するための対応を行います。 

    この他に質問がありますか?

    送信いただいたレポートへの対応をご希望の場合や、ご不明な点がある場合は、piracy@udemy.com宛にメールでご相談ください。Corsearch社がこのプログラムに対する問い合わせに対応することはできません。

    記事を読む