• 早期アクセスプログラム - 倫理規定

    早期アクセスへの参加に同意すると、信頼性の高い特別レビューアープログラムのメンバーに付随する利点および責任の両方を承諾し、それに同意することになります。

    以下の項目を実施する場合、限定期間中に新しいコースに自由にアクセスすることが認められます。


    1)独立した立場での率直なフィードバック

    この役割を引き受けることにより、早期アクセスレビューフォームであなた独自の意見を共有することに同意します。つまり、コースの好き嫌いにかかわらず、意見をありのままに述べ、他の受講生や講師のために独自の見解を共有することです。


    2)コース視聴体験に基づいた意見

    講師についての過去の体験やその他の外部情報ではなく、コース自体で経験したことに基づいてレビューを行うことに同意します。


    3)思いやりと熟慮をもって共有する

    質問者と共有者のコミュニティーとして、Udemyは各コース制作の裏方の人たちを忘れないようにお願いしています。人を傷つけるのではなく、思いやりのあるフィードバックを共有するようにお願いします。可能であれば、実行可能な改善案を提示し、講師の人格に関する判断やその他の不当な憶測は控えてください。


    4)自覚を持つこと

    Udemyは、幅広い受講生と講師からなる大きなマーケットプレイスであり、ニーズやスタイルの好みはさまざまです。できるだけ自分の先入観を意識してください。特に、コースの対象となる聴講者でない場合は、さらに自覚が必要です。そのような場合でも貴重なフィードバック提供は可能ですが、学習体験のコース対象者でないと理解していることをレビューフォームで伝えるように考慮してください。

    最後に、早期アクセスコースでレビューを選択するのは、24時間以内に簡易レビューを確実に完了できる場合のみにしてください。タイマーは「レビューを開始」をクリックすると始動します。

    Udemyは参加者に感謝しています。Udemyは、この規約を厳正に取り扱っており、行動規範に違反した場合にプログラムのメンバーシップを解除する権利を留保します。

    早期アクセスプログラムに関する詳細は、このよくある質問を参照してください。

    早期アクセスプログラムに参加した場合のコースのレビュー方法に関する詳細は、こちらをクリックしてください

    記事を読む
  • 講師の自動本人確認 - 国別情報

    学習コミュニティーの安全性を維持するため、すべての講師はコースをマーケットプレイスに公開する前に、本人確認を行う必要があります。本人確認に必要な情報は国によって異なりますが、ここでは概要を説明します。

    本人確認プロセスとその手順について詳しくは、この記事を参照してください。

    居住国ごとに要求される情報は以下のとおりです。

    オーストラリア
    • 名(例:Kristin)
    • 姓(例:Yamauchi)
    • 生年月日(例:1978-04-05)
    • ハウス/ビル番号(例:23)
    • ストリート名(例:Lawford)
    • 郵便番号(例:3108)

    オーストリア
    • 名(例:Jackie)
    • 姓(例:Park)
    • 生年月日(例:1978-01-10)
    • ハウス/ビル番号(例:12)
    • ストリート名(例:Unt Feldstr)
    • 都市名(例:Innsbruck)
    • 郵便番号(例: 8326)

    ベルギー
    • 名(例:Jackie)
    • 姓(例:Park)
    • 生年月日(例:1978-01-10)
    • ハウス/ビル番号(例:68)
    • ストリート名(例:Hoge Wei)
    • 都市名(例:Zaventem)
    • 郵便番号(例:1930)

    ブラジル
    • 名(例:Jose Afonso)
    • 姓(例:Silva Santos)
    • 生年月日(例:1978-01-10)
    • 国民ID番号(例:123.456.789-92)

    中国
    • Given Names(例:言明)
    • 姓(例:胡)
    • 生年月日(例:1978-01-10)
    • 国民ID番号(例:440861896421345987)

    デンマーク
    • 名(例:Jackie)
    • 姓(例:Park)
    • 生年月日(例:1978-01-10)
    • ハウス/ビル番号(例:3)
    • ストリート名(例:Tingusgade)
    • 都市名(例:København)
    • 郵便番号(例:8266)

    フランス
    • 名(例:Jackie)
    • 姓(例:Park)
    • 生年月日(例:1978-01-10)
    • ハウス/ビル番号(例:12)
    • ストリート名(例:Rue Laurios)
    • 都市名(例:Pennautier)
    • 郵便番号(例:11610)

    ドイツ
    • 名(例:Hanz)
    • 姓(例:Berger)
    • 生年月日(例:1978-01-10)
    • ハウス/ビル番号(例:424)
    • ストリート名(例:Petersplatz)
    • 都市名(例:Munchen)
    • 郵便番号(例:80331)

    イタリア
    • 名(例:Jackie)
    • 姓(例:Park)
    • 生年月日(例:1978-01-10)
    • ハウス/ビル番号(例:12)
    • ストリート名(例:Via Macedonia)
    • 都市名(例:Napoli)
    • 郵便番号(例:80137)
    • ユニット番号(例:2)

    日本
    • 名(例:健太)
    • 姓(例:山本)
    • 市区町村(例:七尾市)
    • 都道府県(例:石川県)
    • 郵便番号(例:100-8994)

    メキシコ
    • 名(例:Jose)
    • 姓(例:Santano)
    • 性別(例:Male)
    • 生年月日(例:1978-01-10)
    • 出生地(例:Sonora)
    • 郵便番号(例:83010)
    • CURPコード(例:HEGG560427MVZRRL05)

    オランダ
    • 名(例:Jackie)
    • 姓(例:Park)
    • 生年月日(例:1978-01-10)
    • 番地(例:68 Consuelo)
    • ハウス/ビル番号(例:81)
    • ストリート名(例:Meent)
    • 都市名(例:Rotterdam)
    • 郵便番号(例:3011JG)

    ニュージーランド
    • 名(例:Jackie)
    • 姓(例:Park)
    • 生年月日(例:1978-01-10)
    • ハウス/ビル番号(例:2)
    • ストリート名(例:Riverglade)
    • 郵便番号(例:3284)
    • 地区(例:Hamilton)
    • ユニット番号(例:2)

    ノルウェー
    • 名(例:Jackie)
    • 姓(例:Park)
    • 生年月日(例:1978-01-10)
    • ハウス/ビル番号(例:3)
    • ストリート名(例:Brynjulf Bulls plass)
    • 都市名(例:Oslo)
    • 郵便番号(例:124)

    ポルトガル
    • 名(例:Jackie)
    • 姓(例:Park)
    • 生年月日(例:1978-01-10)
    • ハウス/ビル番号(例:10)
    • ストリート名(例:Rua Pedro Nunes)
    • 都市名(例:Lisbon)
    • 郵便番号(例:1050-171)

    シンガポール
    • 名(例:Jackie)
    • 姓(例:Park)
    • 生年月日(例:1978-01-10)
    • 番地(例:07-70 5 CLEMENTI AVENUE)
    • 建物(例:5)
    • ストリート名(例:CLEMENTI)
    • 郵便番号(例:120347)
    • ビル名(例:Capital Tower)
    • ユニット番号(例:07-70)
    • NRIC番号(例:S6971548E)

    南アフリカ
    • 名(例:Jackie)
    • 姓(例:Park)
    • 生年月日(例:1978-01-10)
    • 国民ID(例:8001015009087)

    スウェーデン
    • 名(例:Jackie)
    • 姓(例:Park)
    • 生年月日(例:1978-01-10)
    • 建物(例:3)
    • ストリート名(例:Kappelergasse)
    • 都市名(例:Malmo)
    • 郵便番号(例:8033)

    スイス
    • 名(例:Jackie)
    • 姓(例:Park)
    • 生年月日(例:1978-01-10)
    • 建物(例:3)
    • ストリート名(例:Denkmaschinenstrasse)
    • 都市名(例:Zurich)
    • 郵便番号(例:8266)
    • ユニット番号(例:4)

    英国
    • 名(例:Jackie)
    • 姓(例:Park)
    • 生年月日(例:1978-01-10)
    • 建物(例:12)
    • ストリート名(例:Moorfoot)
    • 郵便番号(例:L33 1WZ)
    • ハウス名(例:Beck)
    • フラット番号(例:14)

    米国
    • 名(例:Jackie)
    • 姓(例:Park)
    • 生年月日(例:1978-01-10)
    • 建物(例:2341)
    • ストリート名(例:McAllister)
    • 都市名(例:San Francisco)
    • 郵便番号(例:94118)


    居住国がサポートされていない場合は、Trust & Safetyチームと手動で確認手続きを完了する必要があります。このプロセスについて詳しくは、こちらをクリックするか、verification@udemy.com宛にメールを送信してください。

    次の国は現在サポートされておりませんのでご注意ください。

    フィンランド
    香港
    アイルランド
    ルクセンブルグ
    マレーシア
    ペルー
    スペイン
    トルコ

    記事を読む
  • 講師の本人確認手続き

    学習コミュニティーの安全性を維持するため、すべての講師はコースをマーケットプレイスに公開する前に、本人確認を行う必要があります。

    Udemyで本人確認を行っていない講師は、新しいコースを審査に提出するときに、本人確認を完了するように求められます。また、Udemyのシステムは、マーケットプレイスの現在の講師全員の本人確認を定期的に行います。この2段階の確認手続きには数分しかかかりません。また、この手続きをいったん終了し、後で再開することもできます。

    手続きの最初のステップでは、表示されているオプションのいずれかを選択して、コース内容の所有権を特定します。



    手続きの2つめのステップは、選択した所有権によって異なります。

    自動本人確認手続き

    あなたが公開するコースコンテンツの所有者ならびに作成者である場合には、法的な氏名、住所、生年月日、そして/または政府発行の身分証明書番号をお知らせ頂きます。Udemyは提携しているサードパーティの会社を使用してあなたが提供した情報を安全に正確に照合し、あなたの身元を確認します。入力の必要がある情報は、居住国によって異なります(国別の要件を参照)。



    自動システムでの情報の送信と確認には、ほんの数秒しかかかりません。情報の確認は3回しか試行できないため、送信する前に入力した情報をよく確認してください。国ごとの要件について詳しくはこちらをご確認ください。自動システムでの情報の確認に問題がある場合は、次のページに記載されているプロセスを完了してください。

    UdemyのTrust & Safetyチームによる代理確認手続き

    個人または会社がパートナーシップ、契約、または雇用契約によってコースを公開する場合、または自動システムを利用できない国でコンテンツの所有者がコースを公開する場合は、UdemyのTrust & Safetyチームとともに手動で本人確認を完了する必要があります。



    代理本人確認手続きを完了するには、コンテンツの所有権を主張する、または公開するコンテンツを使用するのに必要な権利を取得済みであることを主張するビデオをverification@udemy.comに提出します。

    ビデオには自分の顔を映し、以下の内容を述べる必要があります。

    1. 実名
    2. 公開するコース(複数可)の名前
    3. コンテンツの所有権、またはコンテンツを使用する権限を有していることを主張する以下の文章


    「私、(実名)は、私のコースで使用されているすべてのコンテンツの所有者本人であり、該当する場合は、別の個人が所有しているコンテンツを使用するのに必要な権限をすべて有していることを、偽りの場合には偽証罪に問われることを承知の上で保証します」

    Eメールの本文には、前述の内容をすべて書面の形式で含めてください。

    よくある質問

    新しいコースを審査に提出するたびに、本人確認を完了する必要がありますか?

    • いいえ。本人確認は、アカウントにつき1回のみ必要です。

    Udemyは、個人情報をどのように確認しますか?

    • UdemyはサードパーティーベンダーであるTruliooと提携し、信用調査機関、選挙人名簿、政府発行の公開データおよび個人データ、電話/公共料金の記録、警戒リストなどの信頼性の高い認可されたデータソースを活用して、入力した情報を確認します。

    個人情報は保存されますか?

    • 手続きの完了後、UdemyのベンダーおよびUdemyがお客様の生年月日、パスポート情報、または身分情報を保存することはありません。

    本人確認に合格しないとどうなりますか?

    • 別の方法を使用してアカウントを確認できます。
    • Udemyでコースを販売する前に、すべての講師は本人確認を終える必要があります。アカウントを確認できない場合には、Udemyはあなたの既存のコースの公開を取り消し、アカウントを削除します。

    本人確認の完了後でも、コースを審査に提出する必要がありますか?

    • はい。本人確認が正常に完了したら、コース管理ダッシュボードからコースを審査に提出してください。

    コースの補助講師の場合、本人確認を完了する必要はありますか?

    • いいえ。コースを審査に提出する前に本人確認を完了する必要があるのは、コースの所有者のみです。

    法人向けUdemyの講師の場合、本人確認を完了する必要はありますか?

    • いいえ。本人確認が必要なのは、マーケットプレイスの講師のみです。

    自動本人確認では、台湾は中国に含まれますか?

    • はい。台湾は中華人民共和国の一部であると見なされ、15歳以上の国民全員が対象です。

    居住国で自動システムを利用できない場合、コースの作成は禁止されますか?

    • いいえ。その場合は、前述のように、UdemyのTrust & Safetyチームとともに代理確認手続きを完了することができます。
    記事を読む
  • ベストプラクティス: 宣伝目的のお知らせに印象的な件名を作成

    宣伝目的のお知らせに心に訴える明確な件名を使用すると、受講生が注目し、メッセージを開いて読む気になります。一方、件名があまりに「セールス」色が濃く陳腐な表現である場合、受講生は関心を失い、すべてのお知らせを登録解除する可能性が高くなるでしょう。

    受講生を引き付けるのに役立つベストプラクティスは以下に紹介します。

    • 件名を短く簡潔に保つ
      • 長い件名のEメールは受講生に無視される傾向があることがデータで判明しています。
    • 感嘆符付きの件名、すべて大文字のフレーズ、派手でスパムメールのような言い回しを避ける
      • 感嘆符付きやすべて大文字にした件名は、受講生に悪印象を与えることがよくあります。受講生はEメール受信登録を解除する可能性があり、その場合は今後のお知らせが届かなくなります。
    • 「無料」、「セール」、「%オフ」などの使い古された言葉を避けながらEメールを開きたくなる理由を与える
      • 「無料」などのどこでも耳にする言葉はスパムフィルターにはじかれ、ありきたりなお知らせと取られる可能性があります。そのため、宣伝目的のお知らせの件名には、プロモーションに関連する機会を設けてみましょう。機会とは、1年の特定の時期、誕生日、個人的な達成などのことです。たとえば、講師の誕生日の週にコースの特別なプロモーションを実施することができます。宣伝目的のお知らせの件名には、「今週わたしとお祝いをしましょう」などの例が使用できます。
    • 件名を質問形式で記述してみる
      • たとえば、企業初心者によくある失敗を学ぶ新しいコースについて宣伝目的のお知らせを送信したいとします。件名は質問形式を使用した「多くの起業家が失敗してしまうのはなか」などが使えます。
    • 異なる件名を試す
      • さまざまな件名を試すことは、どの件名が最も受講生の心に訴えるかを判断するのに役立ちます。同じ件名を使い続けると、受講生はたちまち興味を失い、メッセージを開くのをやめてしまうでしょう。

    以下に件名の例を示しますので参考にしてください。

    記事を読む
  • 外部リンクとクーポンコードに関する警告

    Udemyの使命は、オンライン指導および学習の最適な場所となることです。その使命を果たし、受講生に素晴らしい教育体験を提供するために、Udemyは基本原則を順守してコースを作成し、受講生と交流することを講師にお願いしています。

    これらのガイドラインに違反する可能性のあるコンテンツの追加を試みていることが検出されると、以下のタイプのシステム警告の1つまたは複数が出力され、コンテンツの一部を修正、編集、または削除を要求される場合があります。警告を受ける理由をいくつか以下に示します。

    他のUdemyのコースへのリンクまたはクーポン:

    警告の例: 他のUdemyコースへのリンクは{area}では許可されていません。コースへのリンクを削除して続行してください。

    • 警告の表示場所: この警告が表示される可能性があるのは、コースの指導目的のお知らせを送信するとき、あるいはスの内容(コースディスカッション、レクチャーとレクチャー説明)またはコースのマーケティング項目(講師の経歴、タイトル/サブタイトル、プロモーションビデオ、コース概要、コースの目的および目標、コースの必要条件、コース対象者)を編集するときです。
    • 警告が表示される理由: 他のUdemyコースを宣伝する適切な場所は、宣伝目的のお知らせツールまたはボーナスレクチャーです。これにより、受講生の学習用スペースと宣伝用スペースを個別に確保しています。Udemyの講師コミュニティーガイドラインでは、上述の領域は指導目的のコンテンツ専用であるため、他のUdemyコースへのリンクなどの宣伝行為は禁止です。その領域でUdemyコースへのリンクがシステムにより検出された場合、この警告が表示されます。
    • 次の作業: 該当するリンクを削除してから再度「保存」を押して続行します。

    外部リンク:

    警告の例:

    • 警告の表示場所: この警告が表示される可能性があるのは、コースの内容(コースディスカッション、レクチャーとレクチャー説明)またはコースのマーケティング項目(講師の経歴、タイトル/サブタイトル、プロモーションビデオ、コース概要、コースの目的および目標、コースの必要条件、コース対象者)を編集するときです。
    • 警告が表示される理由: 外部リソースを宣伝するための適切な場所はボーナスレクチャーです。これにより、受講生の学習用スペースと宣伝用スペースを個別に確保しています。その領域で外部リソースへのリンクがシステムにより検出された場合、この警告が表示されます。
    • 次の作業: 該当するリンクを削除してから再度「保存」を押して続行します。

    条件付き外部リンクに関する警告:

    警告の例:

    • 警告が表示される理由: この警告メッセージは、Udemyのシステムによって指導目的のお知らせ、レクチャー、またはレクチャー説明で外部リンクまたはリンクの一部が検出されると表示されます。Udemyのシステムでは教育用のリンクと非教育的リンクを区別できないため、リンクが教育用のものである場合もこの警告がリマインダーとして表示されます。
    • 次の作業: コンテンツを再度確認します。リンクが無料の教育コンテンツと関係ない場合(実質的にはプロモーション用など)、そのリンクを削除してから次に進みます。そのお知らせがポリシーに違反していることが発見された場合、Udemyのガイドラインに基づき、メッセージ送信の権利が一時的に停止されたり、コースがサイトから削除されたりする可能性があります。リンクが教育用コンテンツであり、警告がエラーであると考えられる場合には、テキストを編集する必要はありません。次の作業に進んでください。

    指導目的のお知らせのガイドラインに関する詳細は、こちらを参照してください。

    記事を読む
  • 受講生の規則とガイドライン


    受講生は、魅力的な学習体験を求めてUdemyに参加します。Udemyでは、日々スキルを磨いている専門家による広範囲のトピックのコースを受講できます。これらの規則は、Udemyで学びたいと希望するすべての人が、安全な環境で新しいスキルやトピックを学習できるようにするものです。

    基本原則

    1) スパムメールを送信しない

    Udemyは各コースの各受講生にとって安全で魅力のある学習環境でなくてはなりません。受講生: Udemyプラットフォームでは、他の商品を販売しようとしたり、ディスカッションへの投稿や直接のメッセージに他のプロモーションコンテンツを記載したりしないでください。

    2) システム違反をしない

    講師に嫌がらせをしたり、無料のクーポンを要求したり、何かと引き替えにレビューを提供したりしないでください。コミュニティーは、受講生と講師の健全なやりとりと受講生の正直なフィードバックで成り立っています。フィードバックは、どのコースが最適かを受講生が判断する際に役立ちます。

    3) プロに徹すること

    受講生と講師は、コース受講経験を通じて健康的で活気のあるディスカッションを行います。また、他の受講生、講師、およびUdemyスタッフは互いに尊重しあい、誠実で思いやりのある関係を保つようにしてください。Udemyコミュニティーのポジティブなメンバーでいるように心がけてください。

    4) 不適切な点を見つけた場合は報告する
    ポリシー違反と思われるものを見たり経験したりした場合、またはポリシーについて不明な点がある場合は、policy@udemy.comにEメールでお知らせください。チームメンバーがすべての報告を審査し、質問に答え、ポリシー違反があったかどうかを判断します。

    Udemyは、ポリシーをご理解いただくこと、またUdemyでの成功をお手伝いします。

    記事を読む
  • ポリシー違反のエスカレーションプロセス

    Udemyの受講生と講師は、通常、優秀で責任のあるコミュニティーメンバーです。ただし、誰もが間違いを犯す可能性があり、ポリシー違反になることとならないことの区別がつかない場合もあります。このため、初めて違反があった場合には、警告が送信されます。その後、ポリシーを理解するための資料、およびUdemyで成功する方法を学ぶための資料が提供されます。Udemyスタッフと直接話しをして、ポリシー違反についての理解を深めていただくこともできます。

    Udemyのポリシーを積極的に理解し、遵守してくださいますようお願いいたします。ポリシー違反が続いた場合は、「ストライク」というより深刻な結果となります。各ストライクはシステムに記録され、ポリシー違反を繰り返した講師は、最終的にUdemyのプラットフォームから削除されます。

    ストライク0 警告

    ストライク1 →お知らせとダイレクトメッセージの特権を1か月停止

    ストライク2 →コースのプロモーションを1か月停止、さらにお知らせとダイレクトメッセージの特権を1か月停止

    ストライク3 →コースの新規受講生登録を1か月禁止、さらにお知らせとダイレクトメッセージの特権を1か月停止

    ストライク4→講師のUdemyへのアクセスを禁止、さらにUdemyプラットフォームからコースを除外

    ストライクはコースレベルで適用されます。このため、コースの別の講師がポリシーに違反した場合は、そのコースに関連するすべての講師の機能が無効になります。

    Udemyには、違反の深刻度に応じてストライクの数を増やす権利があることにご注意ください。6か月ごとにアカウントのストライクが再審査されます。

    記事を読む
  • 制限されているトピック: 規則とガイドライン

    Udemyで制限されているトピックに関するコースは禁止されています。Udemyでは、以下のトピックが制限されています。これは、これらのトピックに関するコースは受講生に害や不快感を与えることがあるため、またはUdemyの価値観や精神とは異なるためです。

    制限されている全トピックのリストを以下に示します。

    • コンテンツに、以下の要素を含めることはできません。
    • 露骨な性描写
    • 武器の作成方法、取扱い方法、または使用方法
    • 暴力
    • ヘイトスピーチ
    • 違法な行動を可能にするもの
    • 意図的に誤解を招くもの、悪意的なもの、屈辱的なもの、あるいは第三者に有害なもの
    • 攻撃的あるいは不適切なもの

    また、他者が著作権を取得している/商標を登録しているコンテンツや、PLR(自社ブランドの権利(他者から購入したコース))からライセンスされたコンテンツは使用できません。

    Udemyはこのリストに追加および変更する権利を留保します。プラットフォームに不適切なトピックがあると思われる場合は、policy@udemy.comまでEメールにてお問い合わせください。

    記事を読む
  • コース紹介ページ: 規則とガイドライン

    コース紹介ページには、タイトル、サブタイトル、コース概要、講師のプロフィール、およびコースの目的が含まれています。講師は、このページを使用して、コースが自分にあったものかどうかを受講生が判断する際に役立つ情報を提供します。すばらしいコース紹介ページを作成する方法については、こちらをクリックしてください。

    不適切なマーケティングメッセージは使用しないでください。コースが適していないために望ましい学習体験が得られなかった受講生がいると、低いレビュー評価が付いたり、参加率が低下したりする可能性があります。講師のプロフィール内の指定されたリンクフィールドを除き、クーポンコードや外部リンクを含めないでください。

    講師 - 詳しいガイドライン

    Udemyではコース紹介ページのあらゆる部分において、以下を厳しく禁止しています。

    • 誤解を招くようなマーケティングメッセージ
    • クーポンコードやクーポンコードの参照
    • 外部リンク(講師プロフィールの専用リンクフィールドを除く)

    自身の他のUdemyコースへの参照は、受講生にとって役立つ場合にのみ、ページに含めることができます。たとえば、大きなコースAと、Aの内容の一部を補完する小さなコースBがある場合は、コース紹介ページやプロモーションビデオで受講生に伝えるほうが有意義です。この機能を他のコースの販売目的に使用しないでください。これは、受講生が十分な情報を得た上でコースを決定できるようにするための機能です。

    講師がシステムの悪用を試み、Udemyのポリシーの精神に明らかに反している場合、あるいは受講生に高い登録解除率や返金率といった非常に否定的な影響がみられる場合、Udemyはポリシー違反があったと判断します。

    エスカレーションポリシー

    ポリシー違反があった場合の措置については、こちらを参照してください。

    記事を読む
  • 宣伝目的のお知らせ: 規則とガイドライン

    宣伝目的のお知らせは、あるコースの受講生に、同じ講師の他のUdemyコースについて知らせるためのツールです。このお知らせは、あなたの受講生だけに送信することを目的として作成されています。このため、あなたのコースについての情報だけを含めることができます。受講生が講師(およびUdemy)をスパムとみなしてしまい、両者の関係が悪化することがあるため、他の講師のコースを販売するようなことはしないでください。宣伝目的のお知らせの上手な使い方については、こちらをクリックしてください。

    講師 - 詳しいガイドライン

    • 宣伝目的のお知らせを送信できるのは、コースにつき月2回だけです。
    • 宣伝目的のお知らせは、自身が講師として表示されているコースからのみ送信することができます。
    • 宣伝目的のお知らせに、外部リンクや外部リンクへの参照を含むことはできません。この制限の中には、YouTubeへのリンクや他のコースのプラットフォーム、金銭や個人情報を要求するページ、および自身のWebサイトも含まれますが、これらに限りません。
    • 受講生の個人情報を要求したり投稿したりすることはできません

    講師がシステムの悪用を試み、Udemyのポリシーの精神に明らかに反している場合、あるいは受講生に高い登録解除率や返金率といった非常に否定的な影響がみられる場合、Udemyはポリシー違反があったと判断します。

    エスカレーションポリシー

    ポリシー違反があった場合の措置については、こちらを参照してください。

    記事を読む
  • クーポン: 規則とガイドライン

    講師は、クーポンを使用して、プラットフォーム上あるいはプラットフォーム外で受講生にUdemyコースを宣伝することができます。クーポンは宣伝目的のお知らせとボーナスレクチャーでのみ使用できます。クーポンはUdemyプラットフォーム以外では使用できません。これは、コースを受講し始めた受講生は、「販売」が行われない安全な学習環境を望んでいるためです。

    講師 - 詳しいガイドライン

    • クーポンコードは、以下の方法でのみ送信できます。
      • 宣伝目的のお知らせを使用
      • Eメールやソーシャルメディアを使用して自身のコース対象者に送信
    • クーポンコードをUdemyスタジオのグループドキュメントに投稿することはできますが、クーポンをスタジオのニュースフィードやUdemy Faculty Loungeに含めることはできません。
    • 以下のお知らせやページなどに、クーポンコードを含むことはできません
      • 指導目的のお知らせ
      • コース紹介ページ
      • コース教材(ボーナスレクチャーを除く)
      • 受講生へのダイレクトメッセージ
      • コースディスカッション

    講師がシステムの悪用を試み、Udemyのポリシーの精神に明らかに反している場合、あるいは受講生に高い登録解除率や返金率といった非常に否定的な影響がみられる場合、Udemyはポリシー違反があったと判断します。

    エスカレーションポリシー

    ポリシー違反があった場合の措置については、こちらを参照してください。

    記事を読む
  • マーケティングツール: 規則とガイドライン

    Udemyは、講師が自身のUdemyコースだけを受講生に販売することができように、マーケティングツールを提供しています。ボーナスレクチャー以外に、他の関連商品を受講生に販売できるスペースはありません。

    Udemyが提供しているマーケティングツールは以下のとおりです。

    • コース紹介ページ: コースの価値を伝えるページです。
    • クーポン: 講師の他のUdemyコースをプラットフォーム外の受講生に宣伝できます。
    • 宣伝目的のお知らせ: 講師の他のUdemyコースを受講生に販売できます。
    • ボーナスレクチャー: 他のコースや関連商品を受講生に販売できます。

    これらのツールは、講師がUdemy外の対象者に自身のUdemyコースを宣伝できるようにすることを目的として提供されています。また、あるコースの受講生が、同じ講師の他の優れたUdemyコースを見つける際にも役立ちます。講師は、これらのツールを使用して、他者が作成したコースや他の製品をUdemyの受講生に販売することはできません。

    講師がこれらの行為をした場合、コミュニティー全体が、学習に意欲的な受講生が集まる場所を失うことになります。受講生はプラットフォームから離れたり、商品を売りつけられていると感じて登録解除したりします。

    マーケティングツールについて

    • 宣伝目的のお知らせ: あるコースの受講生に、同じ講師の他のUdemyコースについてお知らせするツールです。このお知らせは、自分の受講生だけに送信することを目的として作成されているため、掲載できる情報は自分のコースに関するものに限られます。受講生が講師(およびUdemy)をスパムとみなしてしまい、両者の関係が悪化することがあるため、他の講師のコースを販売するようなことはしないでください。
      • トップ講師が宣伝目的のお知らせをいかに効果的に活用しているかについては、こちらをクリックしてください。
      • 講師が宣伝目的のお知らせを使用してできること、およびできないことについては、こちらのガイドラインを参照してください。
    • クーポン: 講師は、プラットフォーム上あるいはプラットフォーム外で、受講生に自身のUdemyコースを宣伝することができます。クーポンは宣伝目的のお知らせとボーナスレクチャーでのみ使用できます。クーポンはUdemyプラットフォーム以外では使用できません。これは、コースを受講し始めた受講生は、販売が行われない安全な学習環境を望んでいるためです。
      • クーポンの作成方法については、こちらを参照してください。
      • 講師がクーポンを利用する方法については、こちらをクリックしてガイドラインを参照してください。
    • コース紹介ページ: コース紹介ページには、タイトル、サブタイトル、コース概要、講師のプロフィール、およびコースの目的が含まれています。講師は、このスペースを使用して、コースが自分にあったものかどうかを受講生が判断する際に役立つ情報を提供します。他のコースや商品を受講生に販売したり、誤解を招くマーケティングメッセージを提供したりしないでください。
      • 効果的なコース紹介ページを作成する方法については、こちらを参照してください。
      • 講師がコース紹介ページを使用してできること、およびできないことについては、こちらのガイドラインを参照してください。
    • ボーナスレクチャー: コースの最終レクチャーのあとに追加する最後のレクチャーをボーナスレクチャーといいます。講師はボーナスレクチャーを追加して、他のUdemyコースや商品を受講生に販売したり、コースの理解を深めるための資料について受講生に知らせしたりできます。講師がボーナスレクチャーを利用する方法については、こちらのガイドラインを参照してください。

    エスカレーションポリシー

    ポリシー違反があった場合の措置については、こちらを参照してください。

    記事を読む
  • 質問: 規則とガイドライン

    質問は、受講生同士が交流したり、受講生がコースの内容について講師と話し合ったりするためのフォーラムです。また、講師はコース内でレクチャー内容をここで補足できます。質問の上手な使い方については、こちらをクリックしてください。

    講師 - 詳しいガイドライン

    • 受講生が互いに交流することを奨励してください。
    • 質問には丁寧に、タイミングよく答えてください。
    • 乱暴、攻撃的、あるいは脅迫的なコメントを投稿しないでください。
    • 質問をプロモーションに使用しないでください。クーポンコード、宣伝目的の外部リンク、他のUdemyコースへのリンク、あらゆるマーケティングメッセージや同様の内容への参照も投稿が禁止されています。
    • 受講生の個人情報を求めたり、投稿したりしないでください。

    受講生 - 詳しいガイドライン

    • 質疑応答は丁寧にしてください。
    • 受講生と講師とのディスカッションに参加してください。
    • 乱暴、攻撃的、あるいは脅迫的なコメントを投稿しないでください。

    講師がシステムの悪用を試み、Udemyのポリシーの精神に明らかに反している場合、あるいは受講生に高い登録解除率や返金率といった非常に否定的な影響がみられる場合、Udemyはポリシー違反があったと判断します。

    エスカレーションポリシー

    ポリシー違反があった場合の措置については、こちらを参照してください。

    記事を読む
  • ダイレクトメッセージ: 規則とガイドライン

    ダイレクトメッセージは、受講生が講師にコースの内容について質問する際に使用するツールです。受講生と講師がコースの内容について質疑応答をするとき、および講師がコースについての詳しいフィードバックを得るときにも使用します。つまり、このツールは、受講生に対するプロモーションや販売目的ではなく、1対1での学習とフィードバックを目的として作成されています。ダイレクトメッセージの上手な使い方については、こちらをクリックしてください。

    講師 - 詳しいガイドライン

    • 質問には丁寧に、タイミングよく答えてください。
    • 乱暴、攻撃的、あるいは脅迫的なメッセージを受講生に送信しないでください。
    • ダイレクトメッセージを使用して、プロモーションに関するメッセージを受講生に大量に送信しないでください。クーポン、外部リンク、マーケティングメッセージ、または同様の内容への参照も使用できません。受講生はダイレクトメッセージを使用して質問や要求を送信します。講師は早急にメッセージに返信することが重要です。受講生から特定の質問が送信された場合、講師は自由に回答したり適切なリソースに案内したりすることができます。ただし、この場合は、内容に注意する必要があります。
      • たとえば、講師がコース内で、クーポンを要求するダイレクトメッセージを送信するように受講生に促したとします。このとき、講師がダイレクトメッセージを使用してクーポンコードを提供した場合は、ポリシー違反であると見なされます。
      • その一方で、受講生が補足資料に関する質問を送信した際に、講師が詳細情報を含む自身のWebサイトへのリンクを返信したとしても、ポリシー違反にはなりません。
    • 受講生の個人情報を求めたり、投稿したりしないでください。

    受講生 - 詳しいガイドライン

    • 公開されたコースディスカッションに参加したくない場合は、講師に丁寧に質問してください。
    • 乱暴、攻撃的、あるいは脅迫的なメッセージを講師に送信しないでください。
    • ダイレクトメッセージを使用してスパムメールを送信したり、無料クーポンやコースとは関係のない資料を要求したりしないでください。

    講師がシステムの悪用を試み、Udemyのポリシーの精神に明らかに反している場合、あるいは受講生に高い登録解除率や返金率といった非常に否定的な影響がみられる場合、Udemyはポリシー違反があったと判断します。

    エスカレーションポリシー

    ポリシー違反があった場合の措置については、こちらを参照してください。

    記事を読む
  • 指導目的のお知らせ: 規則とガイドライン

    指導目的のお知らせは、コース教材を補足する教育コンテンツを提供するためだけに使用されます。講師は、指導目的のお知らせに無料の関連教育コンテンツへのリンクを含めることができますが、これをマーケティングやプロモーションに使用することはできません。トップ講師が指導目的のお知らせをどのように使用しているかについては、こちらをクリックしてください。

    講師 - 詳しいガイドライン

    • コースに登録されている受講生に指導目的のお知らせを送信できるのは、コースにつき月に4回だけです。
    • お知らせには、コーストピックに関連した情報のみを含めることができます。
    • 講師は外部リンクを含めることができますが、それは受講生が講師に個人情報を提供する必要がない場合に限ります。受講生の情報を安全に保持する信頼性の高いサードパーティのサイト(Amazon、GoogleやTwitterなどを通してサインアップする必要があるサイト)にリンクすることは可能です。リンクの使用に不安がある場合は、policy@udemy.comにEメールでお問い合わせください。Udemyがお調べします。

    • 他のUdemyコース(自身のコースまたは他の講師のコース)へのリンクや参照を含めることはできません
    • Udemy以外の有料コンテンツへのリンクや参照を含めることはできません
    • 金銭または受講生の個人情報を要求するサイトへのリンクや参照を含めることはできません
    • アフィリエイトサイトへのリンクや参照を含めることはできません
    • 受講生の個人情報を要求したり投稿したりすることはできません

    講師がシステムの悪用を試み、Udemyのポリシーの精神に明らかに反している場合、あるいは受講生に高い登録解除率や返金率といった非常に否定的な影響がみられる場合、Udemyはポリシー違反があったと判断します。

    エスカレーションポリシー

    ポリシー違反があった場合の措置については、こちらを参照してください。

    記事を読む
  • コミュニケーションツール: 規則とガイドライン

    Udemyは、講師と受講生が互いにコミュニケーションをとることができるように、様々なツールを提供しています。また、講師は、このツールを使用して、受講生とコミュニケーションをとったり、コースに関する受講生からの質問に答えることができます。

    このツールは、コースの内容に対する受講生の関心を高めることを目的としています。また、このツールは、宣伝やUdemyコミュニティーへの販売には使用できません。Udemyは、この目的のための講師用マーケティングツールを別に提供しています。

    講師がコミュニケーションツールを悪用した場合、受講生は登録を取り消したりプラットフォームから離れたりすることがあるため、コミュニティー全体に損害を与える結果になります。

    コミュニケーションツールについて

    • 指導目的のお知らせ: 講師が、コース教材を補足する教育コンテンツを提供する場合にのみ使用されます。講師は、指導目的のお知らせに無料の関連教育コンテンツへのリンクを含めることができますが、これをマーケティングやプロモーションに使用することはできません。
      • トップ講師が指導目的のお知らせをいかに効果的に使用しているかについては、こちらをクリックしてください。
      • 講師が指導目的のお知らせを使用してできること、およびできないことについては、こちらのガイドラインを参照してください。
    • ダイレクトメッセージ: 受講生と講師は、コースの内容についての質疑応答にこのツールを使用できます。このツールは、受講生に対してのプロモーションや販売を目的としたものではなく、1対1での学習と、コースに関する詳しいフィードバックの取得を目的としています。
      • ダイレクトメッセージの効果的な使用方法については、こちらを参照してください。
      • 講師がダイレクトメッセージを使用してできること、およびできないことについては、こちらのガイドラインを参照してください。
    • Q&A: このツールは、受講生同士や講師がコースコンテンツについてコミュニケーションをとれるフォーラムとして機能します。さらに講師はコースで扱った教材を補うこともできます。このツールも、受講生へのプロモーションや販売には使用できません。
      • 講師Q&Aダッシュボードの使用方法については、こちらを参照してください。
      • 受講生の質問に効果的に回答するための情報やアドバイスについては、こちらを参照してください。

    エスカレーションポリシー

    ポリシー違反があった場合の措置については、こちらを参照してください。

    記事を読む
  • Udemyでの信頼と安全

    Udemyでは毎日、人生を変えるような内容のコースが多数利用されています。これは、教える事に情熱を燃やしている講師と学習することに意欲的な受講生によって実現されています。Udemyは、知識の交換という基本的価値観の下に設立されました。Udemyは、知識にあふれた専門家が、世界中の受講生コミュニティーにすばらしい学習経験を提供できるように努めています。

    この価値観を維持できるかどうかは、Udemyに関わるすべての人々(講師、受講生、およびUdemyチーム)にかかっています。この価値観を維持できれば、活発で持続可能なマーケットプレイスを作り続けて、すべての人がさまざまなことをオンラインで真に学習でき、すばらしい時間を過ごすことができるようになります。

    コミュニティーを構成している人々

    受講生
    - 受講生は、魅力的な学習体験を求めてUdemyに参加します。Udemyでは、日々スキルを磨いている専門家による広範囲のトピックのコースを受講できます。

    講師 - 講師は、教えることに情熱を燃やす刺激的な人たちです。講師は、世界中の数百万人の受講生に影響を与える機会や、高品質なコースの作成を可能にするツール、プラットフォーム、コーチングにアクセスできる機会を求めてUdemyに参加します。

    基本原則

    1) スパムメールを送信しない

    受講生は安全で魅力的な学習経験と、知識を共有することに情熱的な講師を求めてUdemyに参加します。講師: Udemyのプラットフォームで、他の製品を販売しようとしたり、リクエストやオファーなどのスパムメールを互いに送信しようとしないでください。

    2) システム違反をしない

    • 講師: Udemyの受講生をUdemyのプラットフォーム外に誘導したり、許可されていること/いないことのルールの枠から出たり、ポリシーの抜け穴を探したりしないでください。Udemyは、受講生のコミュニティーとすべての講師の成長を望んでいます。講師がシステム違反をすると、コミュニティー全体が、学習に意欲的な受講生が集まる場所を失うことになります。
    • 受講生: 講師に嫌がらせをしたり、無料のクーポンを要求したり、何かと引き替えにレビューを提供したりしないでください。コミュニティーは、受講生と講師の健全なやりとりと受講生の正直なフィードバックで成り立っています。フィードバックは、どのコースが最適かを受講生が判断する際に役立ちます。


    3) プロに徹すること

    講師は、互いに積極的に協力しあい、コミュニケーションをとるようにします。受講生は、コース受講中に、講師と健全で活発な議論を行うようにします。また、受講生、講師、およびUdemyスタッフは互いに尊重しあい、誠実で思いやりのある関係を保つようにしてください。Udemyコミュニティーのポジティブなメンバーでいるように心がけてください。個人情報を要求したり、自身のものではない内容を投稿したりしないでください。


    4) 不適切な点を見つけた場合は報告する

    ポリシー違反と思われるものを見たり経験したりした場合、またはポリシーについて不明な点がある場合は、policy@udemy.comにEメールでお知らせください。チームメンバーがすべての報告を審査し、質問に答え、ポリシー違反があったかどうかを判断します。

    Udemyは、ポリシーをご理解いただくこと、またUdemyでの成功をお手伝いします。

    ポリシー違反があった場合の措置

    Udemyの受講生と講師は、通常、優秀で責任のあるコミュニティーメンバーです。ただし、誰もが間違いを犯す可能性があり、ポリシー違反になることとならないことの区別がつかない場合もあります。このため、初めて違反があった場合には、警告が送信されます。その後、ポリシーを理解するための資料、およびUdemyで成功する方法を学ぶための資料が提供されます。Udemyスタッフと直接話しをして、ポリシー違反についての理解を深めていただくこともできます。

    Udemyのポリシーを積極的に理解し、遵守してくださいますようお願いいたします。ポリシー違反が続いた場合は、「ストライク」というより深刻な結果となります。各ストライクはシステムに記録され、ポリシー違反を繰り返した講師は、最終的にUdemyのプラットフォームから削除されます。

    ストライク0 警告

    ストライク1 → お知らせとダイレクトメッセージの特権を1か月停止

    ストライク2 → コースのプロモーションを1か月停止、さらにお知らせとダイレクトメッセージの特権を1か月停止

    ストライク3 → コースの新規受講生登録を1か月禁止、さらにお知らせとダイレクトメッセージの特権を1か月停止

    ストライク4 → 講師のUdemyへのアクセスを禁止、さらにUdemyプラットフォームからコースを除外

    ストライクはコースレベルで適用されます。このため、コースの別の講師がポリシーに違反した場合は、そのコースに関連するすべての講師の機能が無効になります。

    Udemyには、違反の深刻度に応じてストライクの数を増やす権利があることにご注意ください。6か月ごとにアカウントのストライクが再審査されます。

    記事を読む
  • コース教材: 規則とガイドライン

    コース教材は実際のコースの内容で、以下の要素で構成されています。

    • セクション/レクチャーのタイトル
    • ビデオまたは他のタイプのレクチャー
    • リソース
    • 小テスト

    コースをマーケットプレイスで提供するには、そのコースが詳細な品質審査ガイドラインのリストに準拠している必要があります。マーケットプレイスのコースが品質審査ガイドラインに準拠していないことが分かった場合、Udemyにはコースを再審査する権利があります。

    複数の講師がコースの作成、開発、指導、または管理にかかわっている場合、それらの講師をコースに追加できます。この機能は、マーケティング能力を伸ばし、より多くの受講生を獲得するためだけのオプションではありません。どのような場合に他の講師をコースに追加するかについては、こちらをクリックしてください。

    コース教材は、受講生が安全な環境で学ぶことができるように手助けするものです。講師は、どういった形であっても、コース教材を受講生への販売に利用しないでください。講師がコース教材を販売に利用すると、学習を希望している受講生が何かを売りつけられたと感じ、不信感が生まれます。優れたコースを作成する方法については、こちらをクリックしてください。

    講師 - 詳しいガイドライン

    • コース教材は、Udemyの品質審査ガイドラインに準拠している必要があります。また、教材には、コーストピックに関連する情報のみを含めることができます。
    • レクチャー全体を通して、ビデオ上に自身のWebサイト、ソーシャルメディアのプロフィール、または連絡先情報を小さな透かしで入れることができます。または、レクチャーの最初か最後に、これらの情報を短い時間表示することもできます。詳細については、こちらの記事を参照してください。
    • Udemy以外の有料コンテンツへのリンクを含めることはできません。唯一の例外は、コース紹介ページに示されている、コース公開の必須条件に含まれるツール/製品へのリンクを提供する場合です。
    • 受講生の個人情報を投稿することはできません
    • アフィリエイトリンクを含めることはできません
    • クーポンコード、リンク、または他のUdemyコースへの宣伝目的の参照を含めることはできません
    • 受講生に支払や個人情報の提供を求めるコースへの外部リンクを追加する場合は、以下のガイドラインを使用して、リンクを含めることができる場所を確認してください。

    Udemyは、リンクがコースに関連しているかどうかを判断する際に、その内容を考慮します。ここでは、ポリシーの精神が重視されます。このため、その教材がコースの受講生にとって有用なものであることをUdemyチームに証明できない限り、教材をコースに含めないでください。

    講師がシステムの悪用を試み、Udemyのポリシーの精神に明らかに反している場合、あるいは受講生に高い登録解除率や返金率といった非常に否定的な影響がみられる場合、Udemyはポリシー違反があったと判断します。

    エスカレーションポリシー

    ポリシー違反があった場合の措置については、こちらを参照してください。

    記事を読む
  • ボーナスレクチャー: 規則とガイドライン

    ボーナスレクチャーは、一般的に結論レクチャー後の最後のレクチャーです。このスペースを利用して、他のコースや商品を受講生に宣伝したり、コースをさらに越えた補足内容を受講生に提供することができます。マーケティングツールと考えてください。

    講師 - 詳しいガイドライン

    • クーポンコードまたは他のUdemyコースへのリンク、あなたのウェブサイト/ブログまたは受講生の役に立つ補充製品(書籍など)などへの外部リンクは自由に追加できます。
    • レクチャーには「ボーナスレクチャー: XXX」という名前を付けてください。XXXには、提供するボーナスのタイプを示します。
    • ボーナスレクチャーの無料プレビューは提供しないでください。
    • コミュニケーションツールを使用する場合は、ボーナスレクチャーを参照しないようにしてください。これは、マーケティングツールとして捉えられるため、クーポンコード、宣伝目的のお知らせなどと同等に扱われます。

    講師がシステムの悪用を試み、Udemyのポリシーの精神に明らかに反している場合、あるいは受講生に高い登録解除率や返金率といった非常に否定的な影響がみられる場合、Udemyはポリシー違反があったと判断します。

    エスカレーションポリシー

    ポリシー違反があった場合の措置については、こちらを参照してください。

    記事を読む
  • 共同講師の関係: 規則とガイドライン

    1つのUdemyコースには、コースの作成および管理の役割を果たす複数の講師がいる場合があります。この記事の目的は、この方法を検討する講師に良い事例(コースの共同開発は専門知識を増やし、新しい観点を得るために非常に良い方法であることなど)を示し、悪い事例(講師のプロモーションセールスでUdemyの97%という大きな収入分配を獲得するためだけに共同講師の機能を使用することなど)を防ぐことです。

    Udemyで講師同士が連携する理由には主に以下の3つが見られます。

    1. コースの作成、開発、プロデュースのサポートを求めている
    2. コースの指導または管理の補助を求めている(ディスカッションへの回答など)
    3. Udemyのマーケティングツールを悪用して互いの受講生基盤を共有しようとしている

    簡潔に言えば、Udemyでは#1と#2の事例を大いに歓迎し、#3が唯一の動機である事例に対処するためにUdemyのポリシーが適用されます。

    共同講師に関するUdemyのポリシー

    Udemyは講師の革新を活用するための新しい方法を常に追求しています。そのために、講師に創造性を促す自由を与えることで、素晴らしいコンテンツを作成する新しい方法を見つけたり、互いの専門知識を利用してビジネスを拡大したりしています。すべてのツールや機能と同様に、その目的は受講生と他の仲間の講師の両方に利益をもたらすために使用することです。しかし時々、それらのツールは、コースのお知らせやUdemyが提供するその他のツールに関するマーケットプレイスのポリシーを回避するために悪用されます。

    以下で講師を正しい方向に導くための経験則を紹介します。

    • 各自がコースの作成、開発、プロデュース、指導、または管理の形態で独自の専門知識を貢献することで共同講師になります。
    • 実際にコースのビデオに登場したり、受講生の対応をしたりする場合に共同講師をコースに掲載します。コースに掲載される講師のうち少なくとも1人が受講生の指導や交流を行う必要があります。
    • Udemyのマーケティングツールを悪用したり、互いの受講生基盤を共有したりすることを主目的として共同講師になってはいけません。
      • たとえば、あなたがコースを公開した後に、別の講師が互いの受講生への宣伝しあうためだけにペアを組むことはUdemyポリシーに違反します。実際に互いのコースのマーケティングに関心がある場合、アフィリエイトになることでそれを実施できます。
      • 最初からコースを共同開発または共同管理したい場合は全く問題ありません。コースに複数の講師を登録することがその目的です。

    共同講師の関係を悪用するとすべてのユーザーに影響が及ぶことを忘れないでください。講師がこのようにマーケティング能力を強化しようとすると、受講生には悪影響が出ることが分かっています。コースに登録している受講生10人につき、最大20人の受講生がコースのお知らせの登録を解除しています。また、講師メールの登録解除率がマーケットプレイス平均の5倍になります。これはマーケットプレイスのすべての講師に損害を与えます。受講生は1人の講師のお知らせを登録解除するだけでなく、Udemyからのメールをすべて登録解除します。

    講師がシステムの悪用を試み、Udemyのポリシーの精神に明らかに反している場合、あるいは受講生への深刻な悪影響(共同講師の振る舞いによる高い登録解除率や返金率)が見られる場合、Udemyはポリシー違反があったと判断します。

    間違いは誰にでもあるため、ほとんどの場合、最初の違反については警告が与えられます。2回目以降の違反は、商品機能(コースのお知らせなど)へのアクセス停止、アカウントの一時停止、あるいはまれにアカウントの強制終了に至る場合があります。

    共同講師をコースに追加する場合は、すでに知っている信頼できる人にすることをお勧めします。共同講師と利益を分配したり編集権限を与えたりする場合は、さらに慎重に検討してください。Udemyの契約関係は、Udemyと各講師の間で締結されるものです。コースに関連する共同講師のビジネス契約は、共同講師間のみで締結されるものです。

    記事を読む
  • Udemyスタジオの行動規範

    Udemyスタジオにようこそ。ここは他のUdemyの講師と交流し、オンライン講師の職務に関わることならなんでも議論できる場です。ベテランから新米までさまざまな講師がいますが、皆が熱心に受講生のオンライン学習経験が最高のものとなるように努めています。ディスカッションでは、主にヒントとベストプラクティス、個人的な推奨、回避すべきことなどが扱われます。Udemyスタジオは、仲間の講師と交流し、講師の世界的ネットワークを活用するための楽しい助け合いの場です。

    行動規範は、さまざまな背景、能力、ニーズを持った世界中の講師がUdemyスタジオで安全に集うために設けられています。すべてのコミュニティーメンバーはこの規範に従うことが期待されています。これらのガイドラインは一般的なコミュニティーポリシーの一部であり、こちらから参照できます。

    歓迎されること

    • フィードバック。Udemyスタジオは、コース作成のあらゆる側面のフィードバックを得るために最適な場所です。新しいコーストピックの構想、仮タイトル、テスト動画、コースイメージなどを投稿して、コミュニティーから助言や提案を収集しましょう。建設的なフィードバックを受けたら、お返しするためにコミュニティーに貢献しましょう!
    • 質問。Udemyプラットフォームの仕組みについて疑問がありますか? ニーズに最適な画面録画ソフトウェアについて議論していますか? グループに聞いてみましょう!
    • ストーリー。ほんの少しのインスピレーションやモチベーションでも大歓迎です。あなたの物語や成功を共有してみましょう! たとえば、素晴らしい受講生レビュー、受講生との巧みなやり取り、別の講師との対面、コースで取り組んでいる課題などです。
    • 対面。実際に会って知り合いましょう! 多くの講師が各地域で会合を開いています。Udemyの地域イベントを組織したい場合は、こちらから申請してください。他の講師と非公式に会いたい場合は、投稿する際に「非公式」な会合であることを明記してください。

    禁止されていること

    このコミュニティーは非常に大規模であるため、投稿内容やメンバーのやり取り方法も注視する必要があります。以下をUdemyスタジオに投稿してはいけません。

    • 冒涜的な言葉および個人攻撃。冒涜的な言葉、個人攻撃、侮辱、容赦のない否定は許容されません。これはグループ内の公式投稿に関するすべての内容および他の講師と1対1と交流方法(個人宛メッセージなど)にも適用されます。
    • 個人的な問題。グループ内のディスカッションは、一般的にコミュニティーに関連性があり建設的なものである必要があります。個人のアカウントに関する問題が発生している場合は、サポートチーム(instructorsupport@udemy.com)にご連絡ください。
    • プロモーションおよびメール収集フォーム。有料コースへのリンク(無料のリンクはクーポンドキュメントに追加できます)、アフィリエイトリンク、または個人のプロモーション用ウェブサイト、ブログ、その他のプロモーション用Facebookグループへのリンクを投稿しないでください。また、Udemy外部の製品またはサービス(無料の場合でも)のプロモーションも禁止されています。さらに、グループに所属する他の講師のメールアドレスまたは個人情報を収集しないでください。Udemyスタジオはプロモーションを目的としたものではないため、この原則に反する投稿は削除される場合があります。
    • ニュースフィードでのクーポン提供。コミュニティーからのフィードバックの対価として無料クーポン(または無料コース)を共有したい場合は、Udemyスタジオのクーポン共有ドキュメントに追加できます。これは個人メッセージを通じてクーポンを提供する講師にも適用されます。クーポンをドキュメントに追加する際は、それを行ったことをフィードに投稿しないでください。また、ドキュメントの一番上にある規則を最後までお読みください。
    • DMCAレポート。あなたのコンテンツを別のサイトで見つけた場合は、この記事に掲載されている情報とともにcopyright@udemy.com宛にメールでお知らせください。Udemyの著作権チームは、DMCAフォースと連携し、コンテンツの盗作が報告されたときに迅速に対応できるようにしています。スタジオに投稿するよりも、著作権チームに直接ご連絡いただく方が非常に対応しやすくなります。

    あなたのコメントまたは投稿が別のグループメンバーによって報告された場合、コミュニティーチームが該当する投稿を評価します。削除する必要がある場合は、警告いたします。警告を受けると、コミュニティーから除外される場合があります。

    Udemyスタジオは、コース作成プロセスの支援を受け、コンテンツのフィードバックを受け取り、仲間の講師と友人になるための最適な方法の1つです。お互いに助け合い、プロモーションではなくフィードバックに専念し、不適切な投稿をUdemyコミュニティーチームに報告しましょう。法的規制により、18歳未満の個人によるスタジオへの参加は認められませんのでご注意ください。

    Facebookでスレッドを報告する方法は以下のとおりです。


    コミュニティーチームに会いましょう!

    • Lindsey BonnerはFacebookスタジオと講師のラウンジを管理しています。彼女は毎日投稿にコメントしていますので、気軽に質問にタグを付けましょう。
    • Drew RicafrenteEugene Mojicaはグループの管理者です。彼らはグループへの新しいメンバーの受け入れを担当しています。
    記事を読む
  • 指導目的のお知らせでの外部リンク

    ポリシー: 指導目的のお知らせ(宣伝目的のお知らせではなく)は、受講生と貴重な学習教材を共有するためのものです。指導目的のお知らせでは外部リンクが許可されていますが、無料の教育コンテンツである必要があります(プロモーションではない)。Udemyから受講生を、クーポンコードを提供したり、コースコンテンツにアクセスする前にEメールアドレスを要求したり、またはUdemyコースのサイト外での購入を促したりする他のプロモーション用サイトに送ることはできません。

    警告メッセージ: 指導目的のお知らせの外部リンクは、無料の教育コンテンツを含むものでなくてはならず、受講生に購入を促したり、個人情報の提供を促したりするものであってはなりません。
    このことを確認し、ポリシーに反する場合には続行する前にリンクを削除してください。

    • 警告が表示される理由: この警告メッセージは、Udemyのシステムが指導目的のお知らせで外部リンクまたはリンクの一部を検出すると表示されます。Udemyのシステムでは教育用のリンクと非教育的リンクを区別できないため、リンクが教育用のものである場合もこの警告がリマインダーとして表示されます。
    • 次の作業: コンテンツを再度確認します。
      • リンクが無料の教育コンテンツと関係ない場合(実質的にはプロモーション用など)、そのリンクを削除してから次に進みます。Udemyでそのお知らせがこのポリシーに違反していることを発見した場合には、Udemyコミュニティーガイドラインに基づき、あなたのメッセージ送信の特権が一時的に停止されたり、または/およびあなたのコースがサイトから削除される可能性があります。
      • リンクが教育用コンテンツであり、警告がエラーであると考えられる場合には、テキストを編集する必要はありません。次の作業に進んでください。



    誰でも間違いをおかすことはあります(だからこそ警告が必要なのです)が、このポリシーやその他のポリシーに繰り返し違反すると、Udemyのコミュニティーガイドラインに基づいて機能やアカウントが一時停止され、最終的にマーケットプレイスからコースが削除されることがあります。これはパートナーシップによって成り立つものです。質問がある場合や、これらのガイドラインへの違反を発見した場合には、instructorsupport@udemy.comまでEメールでご連絡ください。

    記事を読む
  • コースのレビュー: 規則とガイドライン

    コースのレビューは、そのコースが自分にあったものかどうかを受講生が判断する際に重要な情報です。また、講師にとっても貴重なフィードバックの情報源となります。レビューの有効性を高めるためには、受講生の正直な意見を反映する必要があります。レビューは常に正直で、礼儀正しく、有用なものである必要があります。

    レビューの悪用
    嘘、不正、または誤解を招くと思われるレビューは、受講生の役に立たない可能性があるため、削除されます。

    詳しいガイドライン

    • Udemyの利用規約に違反するレビューは禁止されています。
    • 乱暴、悪意的、または攻撃的な言葉を含むレビューは禁止されています。
    • コースやコーストピックに関係のないレビューは禁止されています。
    • 嘘、不正、攻撃的、または誤解を招くと思われるレビューは禁止されています。
    • 講師が製品またはサービス(無料の電子書籍、無料コーチング、フリーソフトウェア、Webのホストなど)と引き換えにレビューを要請することは禁止されています。
    • 受講生がレビューに書く内容や情報を講師が指定することは禁止されています。
    • 講師が他の講師とレビューを取引することは禁止されています。
    • 講師は、商品やサービスと引き換えに肯定的なレビューを書くという受講生の申し出を断る必要があります。

    コースレビューの削除

    受講生が、Udemyのレビューに関するガイドラインに従っていないレビューを書くことがあります。失礼なレビュー、攻撃的なレビュー、またはコースに関係のないレビューは、講師の経験やUdemyコミュニティーに害を及ぼす可能性があるため、削除されることがあります。ただし、単にコースに関する否定的なコメントのみが含まれているレビュー(レビューのガイドラインに違反していないもの)は、講師の貴重なフィードバックとなるので削除されません。

    レビューが以下の条件に1つ以上あてはまる場合、講師はその調査をUdemyに依頼することができます。

    • Udemyの利用規約に違反している。
    • 乱暴、悪意的、または攻撃的な言葉が含まれている。
    • 嘘、不正、攻撃的、スパム、または誤解を招く表現が含まれている。
    • コースやコース教材に関係がない。

    Udemyが受講生のレビューを削除するのは、そのレビューが上記の条件に1つ以上当てはまる場合のみです。

    Udemyは、以下の1つ以上の項目に当てはまるという理由だけでレビューを削除することはありません

    • コースとコースの内容についての否定的なコメントである。
    • 講師の指導スタイルまたは講師の話し方に関する否定的なコメントである。
    • 評価数が少ない。
    • コースの改善方法についての提案である。
    • Udemyがレビュー削除の要求を拒否した場合、それは最終決定です。このため、講師はレビューの再審査を依頼することはできません。

    上記の削除条件を満たすコースレビューがある場合には、policy@udemy.comまで調査を依頼してください。

    Udemyでは、受講生がコースに提出するレビューを評価する自動システムを使用しています。自動システムによって信ぴょう性がないと判断されたレビューは投稿されません。

    講師がシステムの悪用を試み、Udemyのポリシーの精神に明らかに反している場合、あるいは受講生に高い登録解除率や返金率といった非常に否定的な影響がみられる場合、Udemyはポリシー違反があったと判断します。

    エスカレーションポリシー
    ポリシー違反があった場合の措置については、こちらを参照してください。

    記事を読む
  • Udemyは私のコンテンツをどのように保護していますか?

    Udemyではあなたのコンテンツがいかに価値のあるものであるかを理解し、その保護を支援しています。

    専用のプレイヤーを使用してビデオを暗号化したり、すべてのビデオにUdemy透かしを入れるなど、Udemyでは著作権侵害対策を行っています。侵害を困難にするためにUdemyではビデオを暗号化しています。アップロードだけでなく暗号化も行っているため、ビデオをUdemyにアップロードする際に時間がかかるのです。

    しかし、侵害者にとっては、コンピューター画面に映し出される内容はすべて盗む対象となります。これは避けられないことであり、業界全体の問題です。Netflix、Youtube、Amazonなどの大手でも同じ問題を抱えています。よって私たちは業界全体で、著作権侵害を防ぐための新技術を開発するために努力し続ける必要があります。

    現時点では侵害技術が保護技術よりも先んじているため、Udemyでは講師に代わってDMCA法の施行に専念する会社を採用し、侵害を行っている個人、ホストサイト、DNSサーバーをターゲットとして不正なコンテンツを削除するようにしています。この会社はDMCA Forceという会社で、DMCA法の訓練を受けた専門家チームを抱え、講師から報告のあった著作権侵害の問題を解決します。DMCA Forceについての詳細は以下のサイトを参照してください。https://www.dmcaforce.com/

    残念ながら、著作権侵害の性質上、これらのサイトの多くは法律に従っておらず、Udemyの最善の努力にもかかわらず閉鎖するのが非常に困難です。著作権法がない国もあり、海賊版のサイトは法的な通知を受け取っても無視しています。しかし、Udemyでは著作権侵害があったUdemyコースに対してDMCA Forceで対処し、多くの成功を挙げています。

    記事を読む
  • 著作権のある可能性のあるコンテンツを使用できますか?

    使用しようとしている教材が誰か他の人のアイデアやコンテンツを侵害している可能性がある場合には、コースで使用しないことをお勧めします。コンテンツで他の人のコンテンツを使用しても良いかどうか確認する最も簡単な方法は、その人に直接連絡し、許可を得ることです。

    最終的にUdemyでは著作権問題についてアドバイスすることはできず、Udemyはプラットフォームにあなたが保存する教材について一切の責任を負いません。Udemyに保存するすべてのコンテンツの権利はあなたが保有するものであり、Udemyはあなた教材を配信するためのプラットフォームに過ぎないことを忘れないでください。
    記事を読む
  • 私の著作権を侵害しているUdemyコースを報告するにはどうしたらいいですか?

    UDEMY著作権ポリシー


    著作権侵害の報告:
    Udemyでは、著作権侵害を真剣に受け止めています。該当法に準拠する著作権侵害の申し立てに対し、Udemyは真剣に対処しています。www.udemy.com(以降「ウェブサイト」とします)で、またはそこからアクセスできる教材があなたの著作権を侵害している場合には、copyright@udemy.comに文書での通知を提出することにより、それらの教材(またはそれらへのアクセス)をウェブサイトから削除するよう要求できます。

    デジタル・ミレニアム著作権法のオンライン侵害責任制限法(17 U.S.C. § 512)(「DMCA」)に従い、書面による通知(「DMCA通知」)には以下を明確に含める必要があります。

    • 侵害されたとされる対象の所有者の代理として行動をとる承認を与えられた人物の実際の署名または電子署名。
    • 侵害されたとされる著作権作品。または、1件の通知で1つのオンラインサイトの複数の著作権作品を通知する場合には、そのサイトにおける作品のリスト。
    • 削除対象となるまたはアクセスを無効とする、侵害されたとされるまたは侵害活動の対象となる教材、そしてUdemyがその教材を見つけるための十分な情報(その教材が含まれたウェブページのURLなど)。
    • 住所、電話番号、また可能であれば連絡のつくメールアドレスといった、Udemyがあなたに連絡を取るために十分な情報。
    • あなたが苦情を申し立てている教材の使用が著作権の所有者、代理人または法により承認されていないものであるということを、誠実に確信している旨の声明文。
    • 通知内の情報が正確であり、(そうでない場合には)偽証の罰に問われることを承知の上で、あなたが侵害されているとされる所有物の独占的権利の所有者の代りに行動することが許可されていることを示す声明文。

    DMCAの512(c)(3)項の要件が満たされていない場合には、あなたのDMCA通知は無効となることがあります。

    ウェブサイト上の教材または活動があなたの著作権を侵害していると故意に実質的に虚偽の申し立てをした場合には、DMCAの512(f)項に基づき、被害(費用や弁護士料金など)に対する責任を負わなくてはならなくなることがあります。

    反論通知の手続き:

    あなたがウェブサイトに投稿した教材が削除されたり、そこへのアクセスが無効にされたことが間違いによるものだと思われる場合には、copyright@udemy.comに書面による通知を送信し、反論の通知(「反論通知」)をすることができます。DMCAに従い、反論通知には以下を明確に含める必要があります。

    • あなたの氏名、住所、電話番号。
    • 削除または無効とされた教材、および削除またはアクセス禁止前に教材が表示されていた場所(URL)。
    • 偽証の罰に問われることを承知の上で、本来削除またはアクセス禁止されるべき教材と間違われてあなたの教材が削除またはアクセス禁止とされたと誠実に確信する旨を示す声明文。
    • あなたが居住する法管轄の連邦地方裁判所の管轄または、または住所がアメリカ合衆国外にある場合には、Udemyが籍を置くいずれかの司法管轄内に同意すること、そしてUdemyに削除通知を送った人物またはその人物の代理人からのプロセスを受諾する旨の声明文。
    • あなたの実際の署名または電子署名。

    元のDMCA通知の提出者が、あなたの反論通知の受け取りから10日以内にあなたに対して法的措置をとらなかった場合、DMCAに基づいてUdemyは削除されたコンテンツを元に戻すことができます。
    ウェブサイト上の教材または活動が間違って削除または無効にされたと、故意に実質的に虚偽の申し立てをした場合には、DMCAの512(f)項に基づき、被害(費用や弁護士料金など)に対する責任を負わなくてはならなくなることがあることに注意してください。


    複数の侵害:
    Udemyでは、侵害を繰り返し行うユーザーを状況に応じて無効および/または削除します。

    記事を読む
  • 海賊版サイトでコースを見つけたらどうしたら良いですか?

    専用のプレイヤーを使用してビデオを暗号化したり、すべてのビデオにUdemy透かしを入れるなど、Udemyでは著作権侵害対策を行っています。侵害を困難にするためにUdemyではビデオを暗号化しています。アップロードだけでなく暗号化も行っているため、ビデオをUdemyにアップロードする際に時間がかかるのです。

    しかし、侵害者にとっては、コンピューター画面に映し出される内容はすべて盗む対象となります。これは避けられないことであり、業界全体の問題です。Netflix、Youtube、Amazonなどの大手でも同じ問題を抱えています。よって私たちは業界全体で、著作権侵害を防ぐための新技術を開発するために努力し続ける必要があります。

    現時点では侵害技術が保護技術よりも先んじているため、Udemyでは講師に代わってDMCA法の施行に専念する会社を採用し、侵害を行っている個人、ホストサイト、DNSサーバーをターゲットとして不正なコンテンツを削除するようにしています。この会社はDMCA Forceという会社で、DMCA法の訓練を受けた専門家チームを抱え、講師から報告のあった著作権侵害の問題を解決します。DMCA Forceについての詳細は以下のサイトを参照してください。https://www.dmcaforce.com/

    あなたのコースが海賊版サイトにあった場合には、以下の情報をcopyright@udemy.comまで連絡してください。

    • 許可を得ずにあなたのコースを掲載しているサイト
    • あなたの許可を得ていないコンテンツを掲載している特定のURL
    • または問題のコンテンツを表示しているスクリーンショット
    • UdemyでのあなたのコンテンツのURL
    • 「私がこのコースの著作権所有者または/および作成者であり、このサイトにこのコースの提供を許可をしていないことを確認します。」という文
    • 残念ながら、著作権侵害の性質上、これらのサイトの多くは法律に従っておらず、Udemyの最善の努力にもかかわらず閉鎖するのが非常に困難です。著作権法がない国もあり、海賊版のサイトは法的な通知を受け取っても無視しています。しかし、Udemyでは著作権侵害があったUdemyコースに対してDMCA Forceで対処し、多くの成功を挙げています。

    注: 海賊版ではなく著作権についての情報は(Udemyであなたのコンテンツが不正にホストされている場合)、以下の文書を参照してください。私の著作権を侵害しているUdemyコースを報告する方法

    記事を読む