• 税務情報とよくある質問

    Udemyは、他のマーケットプレイスの方針に合わせ、米国内国歳入庁(IRS)への申告に関する規則に沿って、講師の皆さんに様式1099-MISCを発行しません。年間収入は、下記の記事に記載されている手順でPayPalまたはPayoneerのアカウントから直接確認できます。

    講師の皆さんはどなたもUdemyプラットフォームのユーザーです。申告する所得の種類にかかわらず、Udemyの従業員とみなされることはありません。このため、皆さんの所得税申告書にUdemyの雇用主番号(EIN)を記入する必要はありません。


    よくある質問:

    質問: 昨年Udemyからいくら収入があったか今すぐ確認したいのですが?

    回答: 特定の期間にUdemyからどれだけ収入があったかを確認するには、PayPalまたはPayoneerのアカウントでUdemyから受け取った支払いを確認する方法が最も確実です。

    PayPalでの確認手順は次のとおりです。

    1. PayPalアカウントのこのリンクに移動します(ウェブプラットフォームが必要です)。
    2. 収入を確認する期間の開始日と終了日を選択します(例: 01/01/18から12/31/18まで)。
    3. 取引タイプ「Payments Received」でフィルターを適用します。
    4. フィルターに「Udemy」を追加します。
    5. 表示された結果の支払合計を確認します

    udemy_payment_query.pngPayoneerでの確認手順は次のとおりです。

    1. Payoneerにログインします。
    2. メインページのツールバーで「Activity(アクティビティ)」を選択し、ドロップダウンメニューから「Transactions(取引)」を選択します。
    3. 照会期間の指定欄で、確認する期間を選択します(例:2018年1月1日から2018年12月31日まで)。
      「Search(検索)」ツールを使って絞り込みを行い、Udemyからの取引のみを表示します。
    4. 取引明細は、ページ上部のツールバーのアイコンを使ってcsv形式かpdf形式でダウンロードできます
    5. 直接印刷することも可能です。

    Payoneerアカウントで支払い履歴を確認する方法は、こちらのビデオでもご覧いただけます。


    質問: 所得税申告に様式1099-MISCは必要ですか?

    回答: いいえ。ただし、IRSの様式1099-MISCを使用するかどうかにかかわらず、どなたにも所得を申告する義務があります。


    質問: Udemyで所得申告をサポートしてくれますか?

    回答: Udemyでは、税金についての助言はできません。皆さんの状況はそれぞれ異なりますので、ご自身の税務アドバイザーに相談されることをお勧めします。


    質問: Udemyには、1099-MISCを発行する義務がありますか?

    回答: PayPalやPayoneerなどのサードパーティネットワークで処理された支払いについては、支払処理業者自身が納税申告用紙を発行する義務があります。TaskRabbitやUberなど他のプラットフォームはこの方法に従っています。PayPalとPayoneerでは、当該年度の支払金額が20,000ドルを超え、かつ取引件数が200件を超える支払い先にのみ様式1099-Kを発行しています。Udemyから講師への支払い回数は年に12回のため、支払いがUdemyからのみの場合は、この様式をPayPalやPayoneerから受け取る対象とはなりません。

     

    質問: Udemyから様式1099-MISCが発行されないとしたら、様式W-9への記入が必要ですか?

    回答: Udemyは様式W-9(米国人講師)および様式W-8BEN(その他の講師)の収集をIRSから求められています。Udemyから収入を得ている講師の皆さんは、該当する様式に記入する必要があります。

    次のアップロードツールを使用して、税務書類をUdemyに送信してください。このツールを使ってアップロードされるファイルには、Udemyのプライバシーポリシーが適用されます。

    記事を読む
  • UdemyによるVAT / GSTの処理

    VAT(付加価値税)やGST(製品・サービス税)は製品やサービスにかかる消費税で、日本の消費税はVATに分類されます。VAT/GSTの率や規定は地域によって異なります。


    現在、Webサイトでの受講生の購入はすべて、Udemyがそれぞれの地域の税法に基づいてVAT/GSTを処理しています。VAT/GSTが適用される国ではコース価格が「税込み」で表示されます。つまり、それらの国々の受講生には、同じ国で販売されている他の商品やサービスと同様、コースの税込み価格だけが示されます。一方、受講生に送られるメールのレシートには、コースの税抜きの価格とVAT/GSTとに分けて表示されます。

    モバイルでのVAT/GST

    App StoreとGoogle Playストアでの購入はすべて、それぞれを運営するAppleとGoogleが処理しており、VAT/GSTもそれぞれの運営会社が処理しています。

    ご質問がある場合は、お気軽にUdemyのサポートチームまでお問い合わせください。

    記事を読む