• 税務情報とよくある質問

    Udemyは、他社や米国内国歳入庁(IRS)への申告に関する規則に合わせて方針を変更し、講師の皆さんに様式1099-MISCを発行しないことにしました。年間収入は、下記の「よくある質問」に記載されている手順でPayPalアカウントから直接確認できます。

    講師の皆さんはどなたもUdemyプラットフォームのユーザーです。申告する所得の種類にかかわらず、Udemyの従業員とみなされることはありません。このため、皆さんの所得税申告書にUdemyの雇用主識別番号(EIN)を記入する必要はありません。

    よくある質問:

    質問: 昨年Udemyからいくら収入があったか今すぐ確認したいのですが?

    回答: 特定の期間にUdemyからどれだけ収入があったかを確認するには、PayPalアカウントでUdemyから受け取った支払いを確認する方法が最も確実です。確認手順は次のとおりです。

    1. PayPalアカウントのこのリンクに移動します(ウェブプラットフォームが必要です)
    2. 収入を確認する期間の開始日と終了日を選択します(例: 01/01/16から12/31/16まで)。
    3. 取引タイプ「Payments Received」でフィルターを適用します。
    4. フィルターに「Udemy」を追加します。
    5. 表示された結果で支払い合計を確認します(スクリーンショットはこちら

    質問: 所得税申告に様式1099-MISCは必要ですか?

    回答: いいえ。ただし、IRSの様式1099-MISCを使用するかどうかにかかわらず、どなたにも所得を申告する義務があります。

    質問: Udemyで所得申告をサポートしてくれますか?

    回答: Udemyでは、税金についての助言はできません。皆さんの状況はそれぞれ異なりますので、ご自身の税務アドバイザーに相談されることをお勧めします。

    質問: Udemyから様式1099-MISCが発行されないとしたら、様式W-9への記入が必要ですか?

    回答: Udemyは様式W-9(米国人講師)および様式W-8BEN(その他の講師)の収集をIRSから求められています。Udemyから収入を得ている講師の皆さんは、該当する様式に記入する必要があります。該当する様式をUdemyに提出する方法については、1~2か月中にEメールにてお知らせします。

    質問: 以前は、Udemyから講師に対し様式1099-MISCが発行されていましたが、なぜ取りやめになったのですか?

    回答: Udemyは、他社の動向や、サードパーティの支払処理サービスを利用している企業を対象としたIRSの最新のガイドラインに照らして、Udemyの慣行を再確認しました。その結果、Udemy, Inc.は様式1099 MISCの発行対象ではないと判断しました。PayPalのようなサードパーティネットワークによって処理された支払いは、1099-MISCによる報告の対象ではなく、支払処理サービス業者が納税申告用紙を発行する必要があります。TaskRabbitやUberなどの他社はこの方法に従っています。PayPalは、金額が年間20,000ドルを超え、かつ取引件数が200件を超える支払い先にのみ様式1099-Kを発行しています。Udemyから講師への支払い回数は年に12回のため、支払いがUdemyからのみの場合は、この様式をPayPalから受け取る対象とはなりません。

    記事を読む
  • すべてのUdemy講師のための米国所得税の概要

    米国所得税は、特定の課税年度に講師が得たあらゆる収入にかかる税金です。講師がUdemyから得た収入は、米国納税者でなくても、米国所得税の対象となることがあります。Udemyでは毎年IRSに講師のアカウントの収益を報告するため、講師の納税者情報を集めています。

    米国の講師の所得税

    米国の講師には、taxes@udemy.comからEメールが送信されます。このEメールには、2015年に$600以上の収入があった場合に納税者情報を更新できるセキュアなリンクが含まれています。 そのEメールに含まれた独自のマーチャントIDとセキュリティキーが必要となります。W-9用紙を提出した講師に対し、Udemyは1月末に、前納税年からの収入が示された1099-MISCを郵送します。IRSの米国人の定義には、米国企業も含まれます。米国税の分類について詳しくは、IRSウェブサイトを参照してください。

    納税者ID番号を持つ米国以外の講師

    納税者ID番号(社会保障番号や雇用者番号(EIN))を持っている場合には、詳細についてtax@udemy.comまで連絡してください。

    納税者ID番号を持たない米国以外の講師

    W-8BENフォーム(米国外の個人)またはW-8BEN-Eフォーム(米国外の団体)に記入し、EメールのPDFの添付ファイルとしてtax@udemy.comまで送信するか、以下の宛先まで郵送してください。

    Udemy
    Attn: Finance Department
    600 Harrison St. - 3rd Floor
    San Francisco, CA 94107

    このフォームは数分で記入できます。 Udemyから納税者情報が要求されており、納税者情報を送信していない場合には、Udemyでは収入の特定の割合を源泉徴収しなければならないことがあります。 どのフォームに記入すべきかわからない場合には、IRSウェブサイトを参照するか、弁護士または税金の専門家に相談してください。

    W-8フォームに記入した米国を収入源とする講師には、3月の末に1042-SフォームがEメールで送られます。

    よくある質問

    納税者(W9)情報を尋ねるEメールがUdemyから送られてきていません。どうしたらいいですか?

    2015年に$600ドル以上の収入があった米国の講師には、納税者(W9)情報を尋ねるEメールがtax@udemy.comから送信されています。 (念のためスパムフォルダーを確認してください)そのEメールには、セキュアなリンク、マーチャントID、セキュアキーが含まれています。このEメールを受け取っていない場合には、tax@udemy.comに連絡してください。

    EメールにあるW9リンクが機能しない場合にはどうしたらいいですか?

    別のブラウザーを試してください。Sovos Compliance提供のW-9ポータルでは、Internet Explorerブラウザーが勧められています。

    それでも問題が解決できない場合には、1月15日までにマーチャントIDとセキュアキーについてtax@udemy.comまで連絡してください。

    私の納税者情報はどこに保管されますか?

    Udemyは信頼の置けるサードパーティープロバイダーであるSovos Complianceと協力し、納税者情報を安全に収集し、1099-MISCフォームを米国の講師に発行しています。講師の納税者情報は暗号化されて、監査済みのデータセンターに保存されます。Sovosのセキュリティ対策について詳しくは、ウェブサイトを参照してください。

    W9情報の提出後に納税者情報を変更するにはどうしたらよいですか?

    Udemyの講師プロファイルまたはPayPal情報で情報を更新し、その変更についてtax@udemy.comまで直接連絡してください。Eメールに特定の情報を記載したくない場合には、Eメールで電話でのフォローアップを希望するか、以下の宛先に手紙を郵送してください。

    Udemy
    Attn: Finance Department
    600 Harrison St. - 3rd Floor
    San Francisco, CA 94107

    1099フォームのエラーを修正するにはどうしたらよいですか?

    2016年の1月にUdemyから1099-MISCフォームを受け取り、エラーを見つけた場合には、2016年3月1日までにtax@udemy.comに正しい情報を伝えてください。 Eメールに特定の情報を記載したくない場合には、Eメールで電話でのフォローアップを希望するか、以下の宛先に手紙を郵送してください。

    Udemy
    Attn: Finance Department
    600 Harrison St. - 3rd Floor
    San Francisco, CA 94107

    Udemyに納税者情報(W9)を提出する期限はいつですか?

    米国の講師が納税者(W9)情報をUdemyに提出する期限は、2016年1月15日です。 2015年度に$600以上の収入があった米国の講師のみに1099-MISCフォームが送られます。

    所得税について詳しくは、「Udemyによる米国所得税の処理」を参照してください。

    PayPalを通じて支払を受けています。 この収入はどのように報告しますか?

    Udemyはすべての講師のPayPal収入を報告しています(すべての講師は米国に拠点を置くUdemy, Inc.から支払を受けているためです)。 講師への支払いの全体的なプロセスについては、「講師支払の概要」を参照してください。 特定の課税年に合計$20,000以上の200件以上の支払いがない限り、PayPalでは個別に1099フォームを講師に送信しません。

    記事を読む
  • 講師としての納税

    すべてのUdemy講師は、米国を拠点とするUdemy, Inc.と契約を交わし、支払を受けています。Udemyでは、毎年国税庁(IRS)に講師アカウントの収入を報告するため講師から納税者情報を集めています。

    Udemyでは、講師が米国の納税者であるかどうかにかかわらず、米国を収入源とする収入を得る国内および国外両方の講師から納税者情報を集める必要があります。講師の納税義務の詳細については、以下の文書を参照してください。

    Udemyによる米国所得税の処理
    UdemyによるVAT/GSTの処理
    Udemyが提供する納税申告用紙

    講師はそれぞれの該当地域の納税義務に従ってください。税法は頻繁に変更されます。この情報は納税のアドバイスや法的アドバイスではありません。 自身の責任のもとこの情報を使用してください。納税義務についてよくわからない場合や質問がある場合には、税の専門家や弁護士に相談することをお勧めします。

    記事を読む
  • UdemyによるVAT / GSTの処理

    VAT(付加価値税)およびGST(製品・サービス税)は、製品やサービスにかかる消費税の一種です。日本の消費税は、VATの一種です。VAT / GSTの比率や規定は場所によって異なります。

    Udemyでは現在、欧州(EU)、韓国、日本、ニュージーランドの受講生がウェブサイトでコースを購入した場合に、VAT / GSTを徴収し、納めています。EU、韓国、日本、ニュージーランドの受講生には、それらの国々の製品やサービス同様に、コース料金とVAT / GSTの合計額が表示されます。受講生に送られるEメールレシートでは、コース料金とVAT / GSTが分割されて表示されます。

    現在Udemyでは、特定の講師のコースがEU VATの免除に該当するかどうか検討中です。 確認が済むまでは、UdemyはVAT / GSTの免除に対応できません。

    モバイルでのVAT / GST

    AppleのiTunesおよびGoogleのGooglePlayストアでは、モバイルプラットフォームのすべての購入に対応し、VAT / GSTを徴収して納めています。

    質問がある場合には、instructorsupport@udemy.comまで連絡してください。

    記事を読む