• コーディング演習の作成方法

    コーディング演習は、プログラミングコースに追加できる対話型ツールです。受講生は、このツールを使用して、実践的なコーディングを体験できます。受講生は、ページに直接コードを入力するだけで、プログラムや画面を切り替えなくても、機能を実行できます。また、コーディング演習では、受講生が誤ったコードを入力すると、ヒントが表示されます。受講生はこのヒントを見て誤りを修正し、コーディングを続けることができます。 

    現在、コーディング演習はC++C#HTMLJavaScript ES6JavaPHP 5PHP 7Python 3RubySwift 3の各プログラミング言語について作成できます。

    コーディング演習をコースのカリキュラムに追加するには、以下の手順に従ってください。

    1. コースの「カリキュラム」ページに移動します。
    2. カリキュラム」ページの最後までスクロールし、「コーディングの練習を追加」をクリックします。
    3. 受講生が演習に使用するプログラミング言語を選択します。
    4. 受講生が行う演習を入力します。各言語の演習の詳しい作成方法(英語)についてはこちらをクリックしてください。
    5. 演習の解答を確認するには、ページの右下にある「解答を確認する」をクリックします。

    解答が正しい場合は、ページの右上にある「保存」をクリックします。また、コーディング演習のプレビューを見るには、「プレビュー」をクリックします。

     

    記事を読む
  • ライブラリの管理方法

    一括アップローダーを使用してアカウントに追加されたファイルやリソースは、すぐにライブラリにアクセスして管理できます。これらのファイルを特定のレクチャーに移動したり、今後の使用のためにライブラリに保存したりできます。


    ライブラリにファイルを追加

    カリキュラムページの右側にある一括アップローダーを使用して、ライブラリにファイルを追加できます。

    一括アップローダーの使い方の詳細については、この記事を参照してください。


    ファイルの並べ替え

    各カテゴリーの右に表示されている矢印をクリックすると、ファイル名、タイプ、アップロード日付でファイルを並べ替えることができます。




    ファイルステータスの確認

    ステータス列を確認することでも、ファイルがライブラリに正常に追加されたかどうかを確認できます。

    ファイルがライブラリにアップロードされ、使用可能な状態になっている場合は、この欄に成功と表示されます。ファイルがまだ使用準備中の場合は処理中と表示され、ファイルが正常にアップロードされなかった場合は失敗と表示されます。

    アップロードについて詳しくは、こちらをクリックしてください。ビデオ処理の問題に関するトラブルシューティング手順については、この記事を参照してください。


    ファイルの削除

    ライブラリのファイルを削除するには、右側のごみ箱アイコンをクリックします。

    ライブラリのファイルを削除すると、元には戻せないので注意してください。


    ライブラリからコースへのファイルの移動

    ライブラリのレクチャーにビデオやその他のリソースを追加するには、編集したいコースのカリキュラムページに移動します。次に、レクチャーの作成または編集時にライブラリから追加をクリックすると、ライブラリにアクセスしてコンテンツをコースに追加できます。

    コースにファイルを追加すると、そのファイルはライブラリに保存されなくなります。そのため、別のレクチャーで同じファイルを使用したい場合は、もう一度アップロードする必要があります。

    新しいレクチャーの作成について詳しくは、こちらをクリックしてください。既存のレクチャーのコンテンツの編集または更新方法については、こちらをクリックしてください。



    ライブラリ内のファイルの管理方法に関するその他の質問については、Udemyサポートにお問い合わせください。

    記事を読む
  • 正しいレクチャー形式の選択

    コースの計画中に、個々のレクチャーにどの形式を使用するか迷うかもしれません。ビデオファイル、テキスト、マッシュアップ(初心者の方には非推奨)のいずれかを選択できます。また、ビデオ内でもヘッドショットの作成、スクリーンキャストの作成、スライドの移動が可能です。

    レクチャーの形式は本当に重要ですか? 形式を組み合わせることを試みるべきですか? どちらの質問に対しても答えは「はい」です。優れたインストラクショナルデザインは、受講生の学習に最適な形式の資料を提示することから始まります。Udemyではこのお手伝をしていますので、以下を是非お読みください。

    個々のレクチャーのコンテンツに応じて、レクチャー形式を慎重に選択する必要があります。使用可能なすべての形式と、使用すべきタイミングのヒントのリストを以下に紹介します。それを組み合わてバリエーションを与えることで、受講生の退屈を防ぎ、集中力を取り戻すことができます。そのため、定期的に参照するようにしてください。

    ビデオ

    ヘッドショット


    目的: 信用と信頼を築き、受講生へのサポートや共感を示し、バリエーションを提供する
    用途: 紹介ビデオ、セクションの導入または概要、ストーリーや観点の共有、同じスライド/画面ページでの長時間の停止(30秒以上)など


    スライド


    目的: 要点に集中させる、複雑なメンタルモデルを視覚化する、スペルを教える
    用途: 多段階の概念、重要点の強調、専門用語の定義、モデルの可視化
    スライドに画像を含めることもできます。
    ヒント: モバイルでのコース受講生のために大きなフォントを使用してください。

    スクリーンキャスト


    目的: 複数のステップによる説明
    用途: ソフトウェアの使用方法やインターネット上で関連例を検索する方法の説明、受講生への指示など
    ヒント: モバイルでのコース受講生のために拡大表示してください。


    箇条書きを含むヘッドショット


    目的: ヘッドショットを通じて個人的な味わいを保ちながら要点を強調する
    用途: スピーチの要点を強調する注意点: シンプルに保つ - ビデオでは過剰なテキストや動きを避ける
    ヒント: モバイルでのコース受講生のために大きなフォントを使用してください。

    記事

    目的: バリエーション、自己学習、テキストと画像の簡単な組み合わせを提供する
    用途: 受講生が自分で取り組むことができるコンセプト/ステップバイステップのガイド、書いたものを見せる必要がある資料、セクションの導入や概要、補足資料

    ビデオとスライドのマッシュアップ

    ビデオとスライドのマッシュアップでは、ビデオとスライドを同期させることができます。スライドが大きく表示され、ビデオが右下隅で再生されます。2つ目の画面上の動きが集中の邪魔になる可能性があります。受講生に、講師の顔ではなく、画面に集中してもらいたい場合は使用を控えます。

    目的: ビデオを通して個人的な味わいを保ちつつ、受講生にソフトウェアやウェブサイトの説明をしながらバリエーションを与える
    用途: シンプルで簡単に操作可能な画面ページ。受講生がスクリーンキャストに完全に集中することが必要な場合は使用を控えます

    記事を読む
  • 新しいレクチャーを追加する

    少なく簡単な手順で、コースに新しいレクチャーを追加したりコンテンツをアップロードしたりできます。

    新しいレクチャーの追加

    1. 講師ダッシュボードから、編集するコースを選択します
    2. ダッシュボードの左側にあるカリキュラムをクリックします
    3. カリキュラムの下部までスクロールし、レクチャーを追加をクリックします
    4. レクチャーのタイトルを入力してレクチャーを追加をクリックします
    5. コースにコンテンツまたはビデオをアップロードするには、コンテンツを追加をクリックし、追加するファイルのタイプを選択します。
    6. アップローダーでは次の3種類のファイルを使用できます。ビデオ(.mp4、.mov、.wmv)、ビデオとスライドのマッシュアップ(ビデオとプレゼンテーションのファイルの同期)、記事(リッチテキストエディター)。
    7. アップロードをクリックして、コンピューターから適切なファイルを選択します。一括アップローダーを使用する場合、ライブラリから追加タブを選択できます
    8. レクチャーの右下にある保存をクリックします。
    9. 説明を追加をクリックしてレクチャーの簡単な説明を追加します
    10. コースがまだ下書き段階の場合、コースを審査に提出するとレクチャーが自動的に公開されます。コースが公開されたら、右側の公開をクリックします

    記事を読む
  • ビデオに字幕を追加

    レクチャーに字幕を付けることは、満足度とアクセスしやすさを向上する優れた方法です。

    字幕の作成

    字幕の作成にはcielo24などの会社を利用できます。Udemy講師コミュニティーにより、Youtubeで字幕作成できることも明らかになっています。Udemyレクチャーを非公開ビデオとしてアップロードし、YouTubeの説明に従って字幕を作成したら、完成した字幕ファイルをダウンロードします。Udemyで対応しているのは.vtt形式の字幕のみです。.srt形式で字幕を作成した場合は、Simple SubRip to WebVTTコンバーターを使用します。

    字幕ファイルは1.0 GB以下にする必要があります。字幕は、コースを簡単に文章化したものでも、コースの台本でもないことにご留意ください。

    Udemyコースに字幕をアップロードする

    1. コースのカリキュラムに移動し、字幕を作成したビデオを選択します
    2. 字幕の追加をクリックします
    3. 字幕を表示する言語を選択し、.vttのアップロードをクリックします
    4. ファイルをアップロードしたら、字幕の追加をクリックします
    5. レクチャーのドロップダウンパネルの字幕にファイルが表示されます




    記事を読む
  • レクチャーの説明を追加

    コース概要にレクチャーを追加すると、説明を追加できるようになります。レクチャーの説明では、レクチャーでの学習内容を説明します。

    説明の追加

    1. 講師ダッシュボードから、編集するコースを選択します
    2. ロードマップの左側で、 カリキュラムをクリックします。
    3. レクチャーがすでに公開されている場合は、右側の白い矢印をクリックして詳細を表示します
    4. 説明を追加をクリックします
    5. 説明を入力し、保存をクリックします

    注: レクチャーの説明は、コース紹介ページ上で受講する可能性のある受講生のみに表示され、コースダッシュボードのページで登録済みの受講生には表示されません。


    記事を読む
  • Powerpointをビデオレクチャーに変換する

    PowerPointでレクチャーを作成し、そのファイルをナレーション付きのビデオに変換したい場合は、追加のソフトウェアなしで変換できます。この機能はPowerPoint 2010以降で利用可能です。

    ナレーションを録音する

    「スライドショー」タブで、「スライドショーを録画する」を選択します。これによりプレゼンテーションが開始し、コンピューターのデフォルト設定のマイクを使用してナレーションを録音します(音声が外部マイクでピックアップされていることを確認してください)。プレゼンテーションを正常に実行すると、セッション全体が録音されます。失敗した場合は、同じ「スライドショーを録画する」ドロップダウンで、個々のスライドに録音できます。

    ビデオとして保存する

    プレゼンテーションを記録したら、「ファイル」>「名前を付けて保存」>「タイプを選択して保存」をクリックします。プレゼンテーションをビデオとして保存するために「Windows Media Video」または.wmvというオプションが表示されます。後でPowerPointに戻って編集できるように、ファイルをPowerPointファイルとWindowsメディアファイルの両方で保存します。

    記事を読む
  • Preziファイルをアップロードできますか?

    Preziは優れたプレゼンテーションツールであり、適切に使用すればコースの情報を魅力的に表現できます。しかしながら、Preziは専用ソフトウェアのみで動作します。幸いなことに、対応方法がいくつかあります。

    PDFとして保存する

    PreziをPDFとして保存し、それをUdemyに直接ロードできます。これによりPreziのページごとのビューが作成されます。ただし、PreziをPDFとしてエクスポートするには、特定のパラメーターに従う必要があることにご注意ください。

    PreziをPDFにする方法に関する記事をお読みください

    Preziの動画の作成

    Preziを動画(mp4、wmvなど)として保存するには、Camtasiaなどのスクリーンキャストソフトを使用して、Preziにナビゲートしながら画面を録画する必要があります。また、この方法でプレゼンテーションにナレーションを追加することもできます。

    Preziを動画に変換する方法

    記事を読む
  • 多岐選択式小テストの作成

    多岐選択式小テストをコースに追加すると、受講生がコース教材で学びながら自己評価することができます。小テストはコースのカリキュラムに直接追加でき、コースの概要に表示されます。受講を検討中の人がコースをそこで確認できます。

    小テストの作成

    1. 講師ダッシュボードから、ロードマップに進みます。
    2. ページの左側にあるコースの内容で、カリキュラムをクリックします。
    3. カリキュラムの下部までスクロールし、小テストを追加をクリックします。
    4. 小テストに名前を付けて説明を追記し、再度小テストを追加をクリックします。




    質問の追加

    新しい小テストを作成したら、次は多肢選択式の質問を追加しましょう。

    1. 質問を追加をクリックし、多肢選択式を選択します。
    2. 質問を記入します。画像を追加することもできます。
    3. 選択肢を入力します。選択肢は15個まで追加できます。
    4. 選択肢のうち1つの隣にある吹き出しをクリックし、正しい解答を示します。
    5. 推奨: 解答についてさらに説明を加えます。


    関連レクチャー

    受講生の理解を助けるため、小テストを特定のレクチャーにリンクすることができます。関連するレクチャーを利用して、受講生は前のレクチャーに戻って教材を振り返ることができます。関連レクチャーを追加するには、関連レクチャーの下のドロップダウンメニューをクリックします。関連レクチャーは、受講生が回答を送信した後にのみ表示されます。
    小テストの編集

    小テストはいつでも編集できます。

    1. 質問の上にカーソルを置きます。次のアイコンが表示されます。
      • 編集 - 鉛筆をクリックすると、小テストの質問を変更できます。
      • 削除 - ごみ箱から、小テスト質問を恒久的に削除できます。
      • 移動 - 3本線により質問をドラッグアンドドロップできます。

    小テストのプレビューと公開

    小テストの作成が完了したら、公開をクリックしてコースに追加します。受講生として小テストをプレビューすることもできます。回答を送信することはできませんが、受講生がコースを受講したときに小テストがどのように見えるか確認できます。

    記事を読む
  • ビデオの作成-PDFマッシュアップレクチャー

    マッシュアップレクチャーでは、ビデオとPDF文書が横並びに表示されるため、受講生はビデオを視聴しながらレクチャーノートを参照しやすくなります。

    コースのカリキュラムにマッシュアップレクチャーを追加

    1. マイコースページからコースを選択します。
    2. ページの左側でカリキュラムをクリックします。
    3. ページの一番下までスクロールします。レクチャーを追加をクリックします。
    4. レクチャーに名前を付け、再度レクチャーを追加をクリックします。
    5. コンテンツを追加をクリックします。
    6. マッシュアップを選択します。

    レクチャーコンテンツのアップロード

    マッシュアップをカリキュラムに追加したら、次にコンテンツを追加します。マッシュアップはビデオファイルとPDF文書で作成されます。ファイルのアップロードの制限は1.0 GBです。

    ファイルがアップロードされたら、処理が始まります。インターネット接続速度によっては、ファイルの処理に5分ほどかかります。

    1. ビデオとPDFをレクチャーに追加するには、ビデオをアップロードおよびPDFをアップロードするをクリックします(注意: 現在はブラウザーアップローダーのみを使用してマッシュアップレクチャーにファイルを追加できます。一括ファイルアップローダーは使用できません)。
    2. 両方のファイルのアップロードが終了すると、ビデオとPDFをプレビューできます。
    3. 続行する準備ができたら、のビデオを使用およびこのプレゼンテーションを使用をクリックします。

    テキストエディターを使用した同期

    ビデオとPDFスライドをアップロードしたら、マッシュアップレクチャーをテキストエディターを使用して同期できます。「スライド(番号),時間(秒)」の形式でスライドと時間を追加します。たとえば「1,0」とすると、プレゼンテーションの最初のスライドがビデオの開始時に表示されます。また、「6,420」とすると、プレゼンテーションの6番目のスライドがビデオ開始から8分(420秒)後に表示されます。



    スライドとビデオの同期を完了したら、続行&プレビューをクリックします。表示内容に満足したら、保存して続けるをクリックします。コースでレクチャーを表示する準備ができたら、公開をクリックします。

    記事を読む