• 講師: アクセスしやすいコースとしてマークする方法

    アクセシビリティとは、あなたのコンテンツをより多くの人が利用できるようにすることです。この記事では、アクセスしやすいコースを作成する方法と、アクセシビリティが必要な人のために作成したコンテンツの場所を示して、潜在的な学習者に知らせる方法について概説します。

    講師のためのアクセシビリティチェックリスト

    コンテンツを作成」の下に、コースのアクセシビリティに関するガイドラインと、コースが基準を満たしているかどうかを示す機能があります。この概説された基準を満たしていることを確認したら、コースに次のものが含まれていることを示すことができます。1)アクセスしやすい字幕とキャプション、2)アクセスしやすい音声コンテンツ、3)アクセスしやすいコース教材。

    marking_courses_as_accessible.png

    学習者のためのアクセシビリティの表示 

    コースにアクセスしやすいキャプションと音声コンテンツが備わっているとマークすると、それがコース紹介ページに表示されます。

    closed_captions_icon_on_clp.png

    さらに、アクセスしやすいキャプションがあるとマークされたコースは、Udemyマーケットプレイスの検索フィルターで検索することができます。 

    アクセシビリティの問題

    ステータスを更新する前に、コンテンツがアクセシビリティガイドラインを満たしていることを確認してください。学習者が、アクセスしやすいコンテンツとしてマークされたコースにアクセシビリティの問題を報告した場合、そのコースはTrust & Safetyチームによってコース紹介ページの情報が正確であるか審査されます。 

    メモ: コースにアクセシビリティ機能を追加することを強くお勧めしますが、それはコース公開の必須条件ではありません。しかし、アクセシビリティガイドラインを満たしているコースは、より多くの潜在的な学習者に開かれます。

    字幕のアクセシビリティチェックリスト

    • 字幕が99%の精度を満たすように、自動生成字幕をチェックする。
    • コースに関連するすべての効果音を文字で表現する: (ビープ音)または(クリック音)など。
    • 音声以外の音楽要素を表現する:(ジャズのような音楽)など。
    • 口頭表現の形式を説明する:(叫ぶ)など。
    • キャプションを使用して、画面上のスピーカーと画面外のスピーカーを識別する。

    アクセスしやすい字幕とキャプションの提供の詳細をご覧ください。

    音声コンテンツのアクセシビリティチェックリスト

    • 音声スクリプトを音声ブックのようにそれ単体で利用できるようにする。可能であれば、ビジュアルに依存したスクリプトを作成しないでください。
    • 画像コンテンツが装飾目的でない場合、画面に何が表示されるかを説明する。コンテンツを理解する時間をとる。速すぎず、適度なペースで話す。一時停止して、学習者が音声と画像の両方のコンテンツを理解する時間を設ける。
    • わかりやすい言葉を使用する。文や段落を簡潔にする。 
    • 一般的な単語を使用し、過度にカジュアルまたは口語的な言葉、略語、専門用語を避け、複雑な比喩や慣用句を避ける。 
    • 重要なポイントを強調するために、明確で正確な言葉遣いを心がける。同じことを異なる言い方で表現することで、学習者は理解しやすくなります。

    アクセスしやすい音声コンテンツの提供の詳細をご覧ください。

    コース教材のアクセシビリティチェックリスト

    • 長いドキュメントに目次と用語集を用意しています。
    • 見出し、箇条書き、または番号付きリストのセマンティックマークアップをすべてのドキュメントに使用している。
    • コンテンツを短い段落や簡単な表で整理している。
    • 外部リソースへのリンクでは、記述言語を使用している。
    • ドキュメントまたはスライドプレゼンテーション内のすべての画像に代替テキストを提供している。
    • テキストと画像に強いカラーコントラストを使用している。

    アクセスしやすいコース教材の詳細をご覧ください。

    記事を読む
  • アクセスしやすい学習コンテンツの作成

    アクセシビリティとは、あなたのコンテンツをより多くの人が利用できるようにすることです。体の不自由な人が利用しやすいコンテンツを考えることはよくありますが、コンテンツのアクセシビリティを向上させることで、モバイルデバイスを使用している人や、低速なネットワーク環境にいる人など、より多くの人に効果がもたらされます。 

    コンテンツのアクセシビリティを高めるため、Udemyではコンテンツを作成する際に講師が考慮すべき推奨事項をまとめています。詳しくは、アクセスしやすい学習コンテンツの作成についてのTeaching Centerの記事(英語)をご確認ください。

    記事を読む
  • 講師: コースのカリキュラムページへの移動方法

    この記事では、講師がコースを新しく作成したり、既存のコースを更新したりする際に、コースのカリキュラムページに移動する方法について説明します。

    コースのカリキュラムページに移動するには

    作成したコースのカリキュラムページに移動するには、以下の手順に従います。

    1. Udemyアカウントにログイン後、右上の講師をクリックします。
    2. コース」ページが開きます。次に、更新したいコースの上にカーソルを置き、コースを編集/管理をクリックします。
      edit___manage_course.png
    3. その後、左側のカリキュラムを選択します。
      curriculum_page.png

    コースのカリキュラムにセクション、レクチャー、動画コンテンツを追加するには

    カリキュラムにセクション、レクチャー、動画コンテンツを追加する方法はこちらをご覧ください。

    記事を読む
  • 無料コース: 講師が知っておくべきこと

    Udemyマーケットプレイスに自分のコースを無料で提供することで、講師はUdemyプラットフォームでの指導を試すことができるほか、受講生の獲得につながったり、トピックの需要を確認することができます。また、指導方法について受講生からフィードバックを得ることもできます。 

    この記事では、無料コースとシンプルな学習体験に関して、講師の皆さんから寄せられたよくある質問についてお答えします。

    メモ: 2020年にUdemyが無料コースに対して行った変更に関する詳細や、講師が無料コースを効果的に活用する方法は、 こちらのTeaching Centerのリソースをご覧ください。

    無料コースと有料コースの違いはありますか?料金以外に何かありますか?

    はい。Udemyの無料コースは、受講生の皆さんにシンプルな学習体験をお届けします。このシンプルな体験では、有料コースと比べて、利用できる機能が制限されます。 

    例えば、無料コースでは修了証明書が発行されません。また、Q&Aやダイレクトメッセージ(講師が有効にしている場合)など、コースの追加機能も利用できません。

    さらに、2020年3月17日以降に公開されたすべての無料コースは、ビデオの長さが2時間未満となっています。 

    無料コース公開の必須要件は何ですか?

    無料コース公開の必須要件は、有料コースと同様です。ただし、2020年3月17日以降に公開されたコースのビデオの長さは2時間以内である必要があります。

    受講生が、講師が提供した無料クーポンを使って有料コースに登録した場合はどうですか?すべてのコースの内容や機能を利用できますか?

    はい。受講生が講師クーポン、Udemyのギフト、Udemyクレジットを使用して有料コースに登録した場合、すべてのコース機能を利用することができます。「無料コース」とは講師によって価格が設定されていないコースのことを言います。

    無料コースから有料コースに変更することはできますか?またその逆は可能ですか?

    講師はコースの価格をいつでも変更できますが、無料コースから有料コースへの切り替えは1度しかできません。公開後に無料から有料に変更し、再度無料に戻した(またはその逆)コースは、プロモーションのお知らせを一切利用できなくなります。 

    無料コースから有料コースに変更するにはどうすればよいですか?

    無料コースから有料コースに変更するには、プレミアム講師として登録していただく必要があります。コース価格の設定方法をご覧ください。

    自分のコースをUdemyで有料で提供し、他の場所で無料で提供することはできますか?

    いいえ、できません。Udemyで有料で提供しているコースを、Udemy以外(YouTube、ご自身のサイト、その他のサイトなど)で無料で提供することはできません。

    記事を読む
  • 演習テストまたは演習テストコースの作成方法

    この記事では、演習テストと演習テストコースの違いについて解説し、さらに講師がこれらを作成する方法を紹介します。

    演習テストまたは演習テストコースに問題を追加する方法についてはこちらをご覧ください。

    目次

    演習テストとは?

    演習テストは、サードパーティの認定資格試験に向けて準備をするための貴重なリソースです。

    講師は、形式と難易度が実際の試験と同じように設計された包括的な長い形式の模擬試験を作成できます。演習テストは、学習者が自分の専門スキルを評価するための効果的なツールとして機能します。 

    演習テストを使用することで、学習者は現時点での知識を評価し、改善の余地がある領域を特定し、試験で遭遇する問題の種類に慣れることができます。このアプローチにより、学習者は自信を身に付け、試験に合格する可能性を高めることができます。 

    多くの演習テストは独自で専有的なものであるため、有料コースにしか追加できません。

    演習テストをカリキュラムに追加する方法

    演習テストをコースのカリキュラムに追加するには、以下の手順に従ってください。

    1. コースのカリキュラムページに移動します。
    2. 演習テストを追加したいセクションの灰色の領域にカーソルを置きます。表示された+アイコンをクリックし、次に演習テストをクリックします。
      create_practice_test_option.png
    3. 演習テストのタイトル、説明、テストの制限時間、合格に必要な最低スコアを入力します。テスト内で問題と解答の順番をランダム化することも、ここで選択できます。 

      情報を入力したら、演習テストを追加をクリックします。
      entering_practice_test_information.png
    4. カリキュラムに演習テストが追加され、問題を追加できるようになります

      メモ: 通常のUdemyコースで公開できる演習テストは最大2つまでです。

    演習テストコースを作成する方法

    演習テストコースは、演習問題を提供することで、受講生の資格試験対策をサポートします。演習テストコースには、演習テストのみが含まれ、レクチャーや小テストなど、その他のカリキュラム要素は含まれません。 

    演習テストのみからなるコースを作成したい場合は、以下の手順に従ってください。 

    1. ページ上部にある講師をクリックします。
    2. 次に、新しいコースをクリックします。
    3. コースの種類として、演習テストを選択します。
    4. 上記の手順に従い演習テストを作成したそこに問題を追加します。
    5. コースを公開します。

    メモ: 

    • マーケットプレイスで公開する演習テストのみのコースには、演習テストが2つ以上含まれている必要があります。
    • 演習テストのみのコースには、最大6つの演習テストのレクチャーを追加することができます
    • 演習テストのみのコースでは、修了証明書は発行されません。

    practice_test.jpg

    演習テストを非公開にする

    公開中の演習テストを非公開にする必要がある場合は、右側の「非公開」をクリックしてください。

    メモ: 演習テストは一度公開すると、削除することができません。これは、受講生がいつでも演習テストの結果を閲覧できるようにするためです。ただし、演習テストを非公開にすることが可能です。非公開にすると、コースに新しく登録する受講生はその演習テストを利用できません。

    記事を読む
  • 字幕編集ツールの使用

    Udemyでは、講師のグローバルリーチを拡大し、世界中の受講生のコース内容へのアクセシビリティを向上するための一環として、数多くの対象コースで自動生成字幕を提供しています。自分のコース向けの自動生成字幕を編集して修正するには、Udemyの字幕編集ツールを使用します。また、自分で作成してアップロードした字幕も、このツールで編集できます。

    字幕編集ツールの使い方

    すでにコースに追加されている字幕を字幕編集ツールを使用して改善するには、次の手順に従ってください。

    1) 「コース管理ページ」の左側にある字幕をクリックします。

    2) 「字幕」ページで、字幕を編集するレクチャーの右側にある編集をクリックします。字幕編集ツールが開きます。

    edit_captions.png

    3) 字幕項目を選択するには、字幕編集ツールの右側の列のテキストをクリックするか、ビデオプレーヤーのプログレスバーでタイムスタンプに対応しているあたりをクリックします。

    captions_editor.png

    4) レクチャービデオを見ながら、各タイムスタンプ項目をクリックして変更内容を入力し、その項目の字幕を編集します。右側の字幕項目に編集内容を入力しながら、レクチャープレーヤーの画面で内容を確認できます。

    5) 字幕の編集を終えたら、ページ右上部の「保存して公開」をクリックします。

    save_publish_captions.png

    注意: 変更した字幕がコースで提供されるのは、「保存して公開」をクリックした後です。保存して公開」をクリックしないまま字幕編集ツールを閉じた場合、それまでの編集内容は破棄されます。

    字幕のリセット

    字幕編集ツールによって自動生成字幕に加えた変更をリセットするには、リセット機能を使用します。

    注意: この機能を実行すると、自動生成字幕はオリジナルの状態、Udemyによって最初にアップロードされた時点の状態に戻ります。

    1) 「コース管理ページ」の左側にある字幕をクリックします。

    2) 「字幕」ページで、字幕をリセットしたレクチャーの右側にある省略記号(3つの点)をクリックします。

    reset_captions.png

    3) 「リセット」をクリックします。字幕は、最初の自動生成字幕にリセットされます。

    字幕の削除

    作成してレクチャーにアップロードした字幕ファイルを削除する場合は、右側にある省略記号をクリックして「削除」を選択します。

    メモ: 

    • 削除した字幕ファイルを元に戻すことはできません。
    • Udemy Businessの顧客によるアクセシビリティへの要望に応えるため、 Udemy Businessコレクションのすべての英語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語、イタリア語のコースには、字幕が必要です。これには、語学学習コースは含まれません。

    delete_captions.png

    自動生成字幕は削除できません。自動生成字幕は、上記の手順に従って編集するか、自分で作成してアップロードした字幕ファイルと置き換えるか、字幕ダッシュボードの「オフ」ボタンをクリックして一括で無効にすることができます。

    記事を読む
  • 講師: 自動生成字幕に関するよくある質問

    Udemyでは、講師のグローバルリーチを拡大し、世界中の受講生のコース内容へのアクセシビリティを向上するための一環として、数多くのコースで自動生成字幕を提供しています。

    この記事では、自動生成字幕プログラムに関して講師から寄せられるよくある質問とその回答を紹介します。

    よくある質問

    自動生成字幕はどのように生成されますか?

    自動生成字幕は、音声認識技術を使用して生成されます。

    自動生成字幕は、どのコース言語に対して作成されますか? コースには、いつ追加されますか?

    現在、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、スペイン語、ポルトガル語の言語で指導する言語学習以外の学習コースに対し、それぞれの言語で自動生成字幕を提供しています。 

    マーケットプレイスの受講登録者数が20人以上に達した場合に、自動生成字幕が作成されます。

    コースに自動生成字幕が追加された後で新しいレクチャー動画を公開すると、その動画にも自動生成字幕が表示されるようになりますか? 

    はい。対象コースで公開される新しいビデオにも、字幕が自動的に生成されます。 

    自分のコースに自動生成字幕が付けられた場合、その通知はありますか?

    はい。自動生成字幕がコースに追加されると、字幕ページでその旨が通知され、さらに通知ベルで通知されます。 

    Auto_generated_captions.jpg

    自動生成字幕は、コース紹介ページではどのように表示されますか? 

    コースで自動生成字幕が利用できる場合、コース紹介ページの字幕アイコンの横に「自動生成」というラベルが表示されます。ただし、自動生成字幕の大部分が講師によって編集されている場合、「自動生成」のラベルは非表示になります。 

     字幕編集ツールの使い方はこちらをご覧ください。

    Identify_subtitles_on_the_landing_page.jpg

    自動生成字幕は自分で編集できますか?

    はい。自分のコース向けの自動生成字幕を編集して修正するには、Udemyの字幕編集ツールを使用します。 字幕編集ツールの使い方はこちらをご覧ください。

    自分のコースに独自の字幕をアップロードできますか?

    はい。講師は、コース用に作成した字幕をアップロードして使用できます。そして、こうした字幕は、自動生成字幕の代わりに利用されることになります。ビデオに字幕を追加するには

    字幕は自分で無効にできますか?

    はい。自分のコース用の字幕を無効にするには、字幕ページの右上隅の無効化をクリックしてください。 

    メモ:

    • 字幕を無効にすると、コースのトランスクリプトも無効になります。
    • Udemy Businessの顧客によるアクセシビリティへの要望に応えるため、  Udemy Businessコレクションのすべての英語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語、イタリア語のコースには、字幕が必要です。これには、語学学習コースは含まれません。

    How_to_disable_subtitles.jpg

    自動生成された字幕は「低品質」のために無効化されたと書かれています。これはどのように判断されたものですか?

    字幕が低品質評価を受けてしまう主な理由としては、ビデオレクチャーのオーディオレベルの悪さ、背後の雑音、言葉の不明瞭さなどが挙げられます。このような場合に自動生成字幕は無効になります。しかし、聴覚障害を理由に字幕をリクエストした受講生にとっては、それでも役立つ可能性もあります。

    講師は、字幕ファイルをダウンロードし、テキストエディターで編集してから、関連レクチャーに再アップロードすることで、その字幕を再有効化できます。これを行うための手順は上記に投稿されています。

    他の言語で自動生成された字幕をリクエストできますか?

    現時点では、上記以外の言語で字幕を生成することはできません。 

    記事を読む
  • コースの課題を作成および編集する方法

    この記事では、講師向けに課題機能を概説し、コースの課題を追加および編集する方法を説明します。

    目次

    課題とは何ですか?

    課題機能により、講師は学習者がコースで得た知識とスキルを実社会で応用するための包括的な手段を提供できます。

    講師は課題を利用し、ユーザーのためにコースの概念に関するさまざまな問題を作成することができます。さらに、講師はビデオ形式で説明と解答をアップロードし、ダウンロード可能なリソースを共有し、学習者が完了した課題に関するフィードバックを提供できます。 

    ユーザーは課題を完了した後に講師の解答と比較し、希望に応じて仲間のユーザーからのフィードバックを受け取ることができます。

    課題を作成する 

    1. コースのカリキュラムページに移動します(方法の詳細)。

    2. コースアイテム間の灰色のスペースにカーソルを置き、+アイコンをクリックします。各セクションの下部にある+カリキュラムアイテムの追加をクリックすることもできます。 

    3. +課題をクリックします。 次に、課題のタイトルを追加し、課題の追加をクリックします。

    creating_an_assignment.jpg

    課題を編集する 

    課題を追加した後、鉛筆アイコンをクリックして課題の編集機能にアクセスします。

    How_to_enter_the_assignment_s_basic_information.jpg

    基本情報

    基本情報ページでは、課題のタイトル、説明、課題の推定所要時間(分単位)を更新できます。 

    基本情報を入力したら、保存をクリックして次に進みます。

    説明

    指示ページでは、ビデオまたはテキスト形式で課題の指示を入力できます。両方を含めた場合、ビデオの下にテキストの説明が表示されます。 

    説明には、アクティビティ、課題の目的、ユーザーに必要な作業を記述し、課題を完了するために必要な資料を記載する必要があります。 

    ユーザーは課題を完了するために使用できるダウンロード可能なリソースをここにアップロードすることもできます。

    メモ: 説明は65,000文字以下にする必要があります。受講生が提出用としてアップロードする画像は、30 MB未満のサイズで、.JPG、.PNG、または.BMPファイル形式にします。

    entering_the_instructions_for_the_assignment..jpg

    質問

    質問ページでは、課題の質問を作成できます。各課題には少なくとも1つの質問を含める必要があり、最大12個の質問を追加できます。

    問題の入力が完了したら、提出をクリックします。さらに質問を作成するには、さらに追加をクリックします

    Adding_questions_to_an_assignment.jpg

    課題の質問の作成が完了したら、左側のメニューで解答をクリックします。 

    解答

    解答ページでは、提出された各質問に対する解答を追加できます。ビデオの説明やダウンロード可能なリソースをこのページに追加することもできます。 

    各質問の下にある解答を追加をクリックします。解答を入力したら、送信をクリックします。 

    課題を公開する

    上記のセクションを完成させたら、公開をクリックします。上記の手順に従って、課題が公開された後でも編集を続けることができます。 

    回答の確認とフィードバックの提供

    ユーザーが課題を完了した後、ユーザーの回答を確認してフィードバックを提供できます。 

    1. 左側のサイドバーメニューでコミュニケーションをクリックします。次に、課題をクリックします

    Providing_and_Reviewing_Feedback.jpg

    2. 完成させて送信した課題がこのページに表示されます。さまざまなフィルターオプションを使用して、応答を並べ替えることができます。 

    3. フィードバックを送信するには、フィードバックを送信セクションに応答を入力します。次に、投稿をクリックします。

    giving_feedback.jpg

    4. さらにコメントを追加するには、コメントを入力セクションに回答を入力し、送信をクリックします。

    記事を読む
  • 演習テストに問題を追加する方法

    この記事では、講師がコースカリキュラムに追加済みの演習テスト、あるいは作成済みの演習テストコースに問題を追加する方法を解説します。 

    演習テストと演習テストコースの違い、および講師が演習テストを作成する方法をご確認ください。

    目次

    演習テストに問題を追加する方法

    1. 以前に計画または編集プロセスを終了した場合は、コースのカリキュラムに演習テストを追加した後、タイトルの横にある鉛筆アイコンをクリックします。 

     

    2. +アイコンをクリックして、演習テストへの質問の追加を開始します。 

    3. 質問の種類を選択します(選択式複数選択式、または穴埋め式)。一度に複数の質問をコースにインポートする場合は、一括アップロードを選択します。 

    メモ: 各演習テストには250問まで問題を設定できます。

    質問を個別に追加する

    1. 選択式複数選択式、または穴埋め式を選択したら、指示に従って質問と回答を入力します。 

    選択式と複数選択式の質問では、左側の円または四角をクリックして正解を選択します。対象となるコースのこの種類の質問については、AIオプションを使用して解答説明を生成することもできます(詳細については以下を参照)。 

    • 選択式と複数選択式の質問では、追加の回答が必要な場合は回答を追加をクリックします。各質問には最大6つの回答を追加できます。
    • 穴埋め式の質問で空欄を入力するには、選択した単語の前後に2つのアンダースコア(__)を追加します。例: __水星__は太陽系で最も小さな惑星です。
    • 質問に関する追加情報やコンテキストを学習者に提供したい場合は、該当するオプションをクリックしてリソースと領域を追加できます。 

    2. 最後に、質問を保存 をクリックし、上記の手順を繰り返してさらに質問を追加します。 

    質問を個別に編集または削除する

    以前に作成して保存した質問を編集する必要がある場合は、上記の手順に従って演習テストにアクセスし、該当する質問を選択します。質問を更新したら、質問を保存をクリックします。公開された演習テストを編集している場合、更新されたコンテンツに学習者がアクセスできるようにするには、変更を公開をクリックします。

    質問を削除する必要がある場合は、ページの上部にある削除をクリックします。

    UdemyのAIツールで回答の説明を生成する

    1. 対象のコースでは、講師はUdemyのAIツールを使用して、入力された回答の説明を簡単に作成することもできます。現在、AI ツールは、開発カテゴリーまたはIT認定資格サブカテゴリーにある英語コースの解説のみを生成できます。近い将来、より多くの言語とカテゴリをサポートできるように取り組んでおります。

    AIツールを使用するには、AIですべての解説を生成するをクリックするだけです。メモ: この機能を使用すると、追加条項に同意したことになります。

     

    2. 解説が生成されたら、各回答を承認、編集、または却下することができます。質問と回答を変更し、新しい解説が必要な場合は、もう一度生成をクリックします。

     

    一括問題アップローダーを使用する

    講師は、一括アップロードオプションを使用して、既存の一連の質問を演習テストにインポートできます。

    1. 上記の手順に従って一括アップロードオプションを選択した後、CSVテンプレートにアクセスし、ドキュメントに従って質問の形式を設定します

    • メモ: 2024年5月2日時点で、講師はまだ希望に応じて、以前のバージョンのCSVテンプレートを使用して、以前に作成した演習テストに質問をアップロードできます。以前のCSVテンプレートは今後数週間で段階的に廃止され、すべての一括質問アップロードに新しいCSVテンプレートが必要になることにご注意ください。

    メモ: アップロードのエラーを避けるために、必ずテンプレートと同じ形式を使用してください。

    • 作成したドキュメントの列の数がテンプレートの列の数と同じでなければなりません(使用していない列がある場合も同様です)。
    • 列のタイトルの形式が、テンプレートのものと異なってはいけません。
    • Question Typeの列には、テンプレートに記載されているものとまったく同じものが含まれている必要があります。たとえば、multiple-choiceは、同じセルに、テンプレートと同様の表記で入力されている必要があります。 

    2. CSVファイルのアップロードをクリックしてファイルをアップロードします。

    演習テストのプレビューと公開

    公開する前に演習テストが学習者にどのように表示されるかを確認するには、ページ上部のプレビューをクリックします。演習が完成して受験可能になったら、「公開」をクリックします。公開済みの演習テストを更新する場合は、変更を公開をクリックします。

    演習テストを非公開にする

    演習テストを非公開にする方法をご覧ください。

    記事を読む
  • コーディング演習の作成方法

    コーディング演習は、プログラミングコースに追加できる対話型ツールです。学習者は、このツールを使用して、実践的なコーディングを体験できます。この記事では、講師がコースカリキュラムにコーディング演習を追加する方法について説明します。 

    目次

    どのプログラミング言語が利用可能か?

    C++、C#、HTMLとJavascript、Java、Python、Ruby、Swift、PMPを始めとして、さまざまな言語のコーディング演習を作成できます。コーディング演習に使用できるすべてのプログラミング言語を確認してください。

    コースのカリキュラムにコーディング演習を追加する方法

    演習の解答を入力する前に、まずコースのカリキュラムにコーディング演習を追加することが必要です。

    1. コースのカリキュラムページに移動します

    2. ページの端で、演習を追加したいセクションの灰色の領域にカーソルを置きます。表示された+アイコンをクリックし、次にコーディング演習をクリックします。
    Adding_a_coding_exercise.jpg

    3. 演習のタイトルを入力して、コーディングの練習の追加をクリックします。

    4.画および作成します。

    コーディング演習の作成方法

    コーディング演習をコースのカリキュラムに追加したら、以下の手順に従って演習を作成できます。コーディング演習の作成に関するアドバイスとベストプラクティスについては、このTeaching Centerのリソースを参照してください。

    1. カーソルを演習タイトルに移動し、表示される鉛筆アイコンをクリックして演習の作成を開始します。

    2. 演習用のプログラミング言語を選択します。

    3. 演習を計画するページで、演習のタイトルとその学習目標(任意)を再入力します。 

    4. 次に、解答作成ページで解答を作成します。解答をすべて入力します。この解答は評価ファイルとソリューションファイルに含まれます。解答を独自に入力することも、画面上部にある例を見るから解答例を選択することもできます。

    メモ: 演習のプログラミング言語によっては、AIを支援ツールとして使用して、演習の解答と評価ファイルのドラフトを作成できる場合があります。詳細については、AIツールに関する以下のセクションを参照してください。

     

     5. 解答を作成した後、ガイド学習者ページでこの演習の目的と問題を明確に伝え、学習者ファイルを作成します。学習者ファイルは、学習者が目標とするスキルに集中できるように演習を構成するうえで最初に必要なコードです。

    6. 演習のコードと解答を入力するだけでなく、関連するレクチャーやヒントを提供して、学習者が繰り返し問題の解決方法の詳細情報を確認できるようにします。 

    また、講師の解答の詳細な説明を記述して、学習者が演習と解答を理解するのに役立つ重要な概念を強調することもできます。

    演習のプログラミング言語によっては、テストを実行する前に、コード実行を選択してコードの出力を表示することもできます。

    7. 次に、ページの下部にある「テスト実行」をクリックして、演習の解答を確認します。
    run tests.png

    8. 解答が正しければ、ページの右上にある保存をクリックしてから公開をクリックして、学習者が演習にアクセスできるようにします。また、コーディング演習のプレビューを見るには、プレビューをクリックします。
    save_and_publish_exercises.png

    メモ: コーディング演習は、公開済みコースのカリキュラムでのみ公開されます。

    published_coding_exercise.jpg

    コースが公開されていない場合、カリキュラムに追加されたときにコーディング演習の横にチェックマークが表示されません。

    UdemyのAIツールで演習の解答と評価ファイルを作成する方法

    講師は、サードパーティのLLMを利用して限定的に提供されているUdemyのAIツールを、Python、C++、Java、JavaScriptコーディング演習用の解答および評価ファイルのドラフト作成に役立つ支援ツールとして、すばやく使用することもできます。この機能を使用すると、追加条項に同意したことになることに注意してください。

    • この機能は現在、英語とスペイン語のコーディング演習でのみ利用可能であることに注意してください。今後数週間のうちに、より多くの言語でリリースされる予定です。

    このAIツールを使用して解答または評価ファイルを作成するには、次の手順に従ってください。

    1. 上記の手順(手順1~5)に従って新しいコーディング演習の作成を開始したら、ファイルセクションの先頭にあるAIで生成をクリックしてください。

    generate_files_with_ai.png

    2. 数秒以内に、演習用に生成されたドラフト演習、解答、および評価ファイルが表示されます。

    3. 慎重に確認し、変更を加えます。デフォルトでは、演習ファイル(コード学習者が演習を開始したときにコンソールに表示される)は、ソリューションファイルと一致することに注意してください。学習者のための出発点として維持すべき解答の量を決定する必要があります。

    4. 保存をクリックしてから公開をクリックします。

    AIで生成機能は、24時間以内にユーザーごとに最大50回まで使用できることに注意してください。 

    記事を読む
  • コードブロックとインラインコードの使用

    Udemyでは、質疑応答、小テスト、および記事の中でコードブロックとインラインコードをハイライト表示する構文がサポートされるようになりました。

    インラインコードの追加方法

    インラインコードは、文章内のコードの短い断片(例: 関数の定義や変数の名前など)をハイライト表示する場合に便利です。

    1. コードブロックを追加したい質問または回答のボックスに移動します。質問にコードを添付したい場合は、まず質問を入力します。
    2. その後、新しく質問するをクリックします。
    3. 質問したいことを記入します。
    4. インラインコードを変更したい箇所をハイライト表示します。
    5. ツールバーのインラインコードのアイコンをクリックします。
    6. 質問を投稿または回答を追加のいずれかをクリックします。

    コードブロックの追加方法

    コードブロックは、複数のコードのラインをハイライト表示したいときに便利です。

    1. コードブロックを入力したい質問または回答のボックスに移動します。
    2. 質問にコードを添付したい場合は、まず質問を入力します。
    3. コードブロックを入力してハイライト表示します。
    4. ツールバーのインラインコードのアイコンをクリックします。
    5. 次に、質問を投稿または回答を追加のいずれかをクリックします。
    6. これでインラインコードは正しくハイライト表示されます。

    coding.png

    コードブロックとインラインコードの使用箇所

    質疑応答 - 質問や回答の中でコードをハイライト表示すると、受講生が容易かつ迅速にそれを読み、フィードバックを共有することができます。

    小テスト - 小テストの質問および回答の中でコードをハイライト表示します。この方法により、講師は「この問題の正しい解決方法はどちらですか?」などの質問をして、いくつかの実行例から正しい解答を選択することを受講生に要求できます。

    記事 - 受講生が読みやすく、学びやすいように、記事の中でコードをハイライト表示します。

    code.png

    記事を読む
  • 正しいレクチャー形式の選択

    レクチャー形式は、受講生がどのように情報を処理するかに大きな影響を与えます。最も効果的なコースでは、さまざまな形式の組み合わせを使用して、各メッセージを最も魅力的な方法で伝えます。形式には、大きく分けて、ビデオファイル、テキスト記事、小テストの3つがあります。ビデオ形式では、語り手、スクリーンキャスト、またはスライドプレゼンテーションの作成を選択できます。

    個々のレクチャーで教えている内容に応じて、メッセージに最高の視覚効果が得られるレクチャー形式を選択する必要があります。使用可能なすべての形式と、使用すべきタイミングのヒントのリストを以下に紹介します。すべての種類を使用する必要はありませんが、組み合わせることで受講生に変化を与え、退屈を防ぎ、意識を向けさせることができます!

    語り手

    talking_head.png

    目的: 信用と信頼を築き、受講生へのサポートや共感を示し、変化を与える

    用途: 紹介ビデオ、セクションの導入または概要、ストーリーや観点の共有、同じスライド/画面ページでの長時間の停止(30秒以上)など

    スライド

    slide_.png

    目的: 要点に集中させる、複雑なメンタルモデルを視覚化する、スペルを教える

    用途: 多段階の概念、重要点の強調、専門用語の定義、モデルの可視化。スライドに画像を含めることもできます。

    ヒント: モバイルでのコース受講生のために大きなフォントを使用してください。

    スクリーンキャスト

    screencast1.png

    目的: 複数のステップによる説明

    用途: ソフトウェアの使い方またはインターネット上にある関連する例の検索方法の説明、受講生の指導、特定のプログラムやプログラミング言語の使い方の提示

    ヒント: モバイルでのコース受講生のために拡大表示してください。

    記事のレクチャー

    article_lecture.png

    目的: バリエーション、自己学習、テキストと画像の簡単な組み合わせを提供する

    用途: 受講生が自分で取り組むことができるコンセプト/ステップバイステップのガイド、書いたものを見せる必要がある資料、セクションの導入や概要、補足資料、アクティビティの紹介

    小テスト

    quiz_image.png

    目的: 知識を試し、変化を与え、受講生を引きつける

    用途: 内容、セクションのエンディング、トピックに関するテスト前の知識、セクションのイントロなど、これらを受講生が理解して覚えているかどうかを評価するチャンスの提供

    記事を読む
  • コースにセクション、レクチャー、ビデオコンテンツを追加する方法

    Udemyのコースは複数の学習セクションから構成されており、コースの内容はこのセクションを使ってトピックごとに分割されます。各セクションには、レクチャー、クイズ、コーディングの練習(コーディング演習)、演習テスト、課題などのカリキュラム項目を含めることができます。

    注意:

    • 講師は、1つのコースにつき最大1,400のカリキュラム項目(セクション、レクチャー、小テスト、コーディング演習、演習テスト、課題)を作成でき、そのうちの800項目をいつでも公開できます。
    • レクチャーに追加する画像は必ずUdemyプラットフォームにアップロードしてください。レクチャー内で外部画像へのリンクをお使いいただくことはできません。
    • Udemyでは、専用のプレイヤーを使用して動画を暗号化したり、すべての動画にUdemyの透かしを入れるなど、 著作権侵害対策を行っています。そのため、コース動画をオリジナルの形式でダウンロードすることはできません。講師自身がオリジナルのコース素材にアクセスできるよう、コース動画やファイルのコピーをご自身のコンピューターやデバイスに保存しておくようお願いいたします。

    このガイドでは、コースにセクション、レクチャー、動画コンテンツを追加する方法を説明します。

    コースにセクションを追加するには、どうすればよいですか?

    Udemyのコースがどのように構成されているかが受講生にわかりやすいように、コース内のすべてのレクチャーをセクションに収めてください。セクションをコースに追加するには、以下の手順に従ってください。

    1. コース管理ツールからカリキュラムページに移動します。

    2. +セクションアイコンをクリックします。

    add_section.png

    3. 指定された空白のボックスにセクションのタイトルを入力します。オプションとして、そのセクションで受講生が達成できる学習目標を追加できます。この学習目標は、「このセクションの最後に受講生は何ができるようになりますか?」の下にある空白のボックスに入力します。

    4. セクションを追加をクリックします。

    セクションをコースのカリキュラムの別の場所に移動するには、そのセクションをクリックして新しい場所にドラッグします。

    コースにレクチャーを追加するには、どうすればよいですか?

    1. コース管理ツールからカリキュラムページに移動します。

    2. セクション内の+カリキュラム項目アイコンをクリックしてレクチャーを追加します。

    add_curriculum_item.png

    3. 次に、追加するカリキュラム項目の種類を選択します。この場合は、レクチャーを選択します。

    注: ここには、クイズ演習テストコーディングの練習課題などのフォーマットも表示されていますが、この記事ではレクチャーフォーマットのみを説明します。

    Adding_a_lecture.jpg

    4. レクチャーのタイトルを入力します。

    5. レクチャーを追加をクリックします。

    レクチャーをコースのカリキュラムの別の場所に移動するには、そのレクチャーをクリックして新しい場所にドラッグします。セクションに含まれていないレクチャーがある場合は、それを既存のセクションに移動するか、そのレクチャーに適した新しいセクションを作成します。

    レクチャーにコンテンツを追加するには、どうすればよいですか?

    新しいコースの場合、追加したレクチャーすべてにコンテンツを追加してから、コース公開の承認を受けるための提出を行ってください。レクチャーにコンテンツを追加するには、以下の手順に従ってください。

    1. レクチャー項目に表示される+コンテンツボタンをクリックします。

    2. レクチャーに追加したいコンテンツの種類を選択します。テキストレクチャーには、リッチテキストエディターを使用して入力したテキストのみを含めることができます。ビデオとスライドのマッシュアップレクチャーは、PDFとビデオが同期するように組み合わせたレクチャーです。詳細については、ここをご覧ください。次の手順では、Udemyで最も一般的なコンテンツの種類であるビデオファイルについて説明しています。

    add_video.png

    3. ビデオファイルを選択したら、アップロードをクリックして、あなたのコンピューターで該当するビデオを選択します。サポートされているビデオのファイル形式は、mp4、mov、wmvで、解像度720p以上、サイズは4.0 GB以下です。一括アップローダー を使用してファイルを追加する場合は、ライブラリから追加タブを選択できます。

    メモ: 動画のステータスバーが100%に達してステータスが「処理中」に変化するまで、カリキュラムページは閉じないでください。

    ビデオがアップロードされない場合や、処理が終了しない場合は、トラブルシューティングの手順を確認してください

    upload_video_options.png

    4. コースがまだ下書き段階の場合、コースを審査に提出するとレクチャーが自動的に公開されます。すでに公開済みのコースにレクチャーを追加する場合は、レクチャー項目の右側にある公開をクリックします。

    レクチャーにリソースを追加するには

    レクチャーにリソースを追加する方法についてはこちらをご覧ください。

    記事を読む
  • ビデオに字幕を追加する

    レクチャーに字幕を付けると、コースに対する受講生の満足度やアクセシビリティを大幅に改善できます。この記事では、コースの字幕を作成し、追加し、管理する方法、また必要な場合にレクチャーに追加された自動生成字幕を編集する方法の概要を説明します。

    自動生成字幕プログラム

    Udemyでは、講師のグローバルリーチを拡大し、世界中の受講生のコース内容へのアクセシビリティを向上するための一環として、数多くのコースで自動生成字幕を提供しています。Udemyの字幕プログラムについてはこちらをご覧ください。

    字幕の作成

    コースの字幕を作成するには、いくつかの方法があります。Udemyでは字幕のアップロードに.vttファイルを使用しているため、どの方法を選択する場合も、.vttファイルを作成する必要があります(字幕はコースの内容を単に書き取ったものでも、コースの台本でもありませんのでご注意ください)。

    シンプルなテキストエディタを使用して.vttファイルを最初から作成することも、無料の字幕ソフトウェアや有料サービスを使用することもできます。字幕の作成方法または字幕ソフトウェアとサービスの使用方法に関する詳細については、オンラインで検索することをおすすめします。

    Udemyコースに字幕をアップロードする方法

    .vtt字幕ファイルの準備ができたら、以下の手順に従って、レクチャーにアップロードできます。

    1. コース管理ページに移動して、左側にある字幕をクリックします

    2. 字幕ページ上部で、アップロードする字幕の言語を選択します

    How_to_Upload_Captions_to_Your_Udemy_Course.jpg

    3. 字幕を作成したビデオレクチャーにカーソルを移動して、アップロードアイコンをクリックします

    upload_captions.png

    4. 字幕が正常にアップロードされると、.vtt字幕ファイルが表示されます

    vtt_captions_file.png

    自動生成字幕を編集する方法

    字幕編集ツールの使い方はこちらをご覧ください。

    字幕ファイルを削除する方法

    作成してレクチャーにアップロードした字幕ファイルを削除する場合は、右側にある省略記号をクリックして「削除」を選択します。注意: 削除した字幕ファイルは元に戻すことができません。

    delete_captions.png

     

    字幕の有効/無効を切り替える方法

    特定の言語の既存の字幕をすべて無効にする必要がある場合は、次の手順で簡単に無効にすることができます。

    1. 字幕ページに移動します

    2. 無効にする字幕の言語を選択します

    3. 右側にある無効をクリックします 

    disable_captions.png

    字幕ファイルを有効にするには、上記の手順に従って、有効をクリックします注意: 有効アイコンを有効(緑色)の状態にするには、字幕ページの各レクチャーに.vttファイルをアップロードする必要があります。

    enable_captions.png

     

    記事を読む
  • レクチャーの説明を追加

    コースにレクチャーを追加すると、説明を追加できるようになります。レクチャーの説明では、学習者がレクチャーで学ぶ内容を説明します。

    メモ: レクチャーの説明は、コース紹介ページ上で受講する可能性のある学習者のみに表示され、コースダッシュボードのページで登録済みの学習者には表示されません。

    説明の追加

    1. コース管理ツールからコースのカリキュラムページに移動します。

    2. 右側の矢印をクリックすると、レクチャーの詳細が表示されます。

    3. +説明をクリックします。

    4. 説明を入力し、保存をクリックします

    記事を読む
  • Powerpointをビデオレクチャーに変換する

    この記事では、PowerPointおよびKeynoteのプレゼンテーションをコース用にビデオレクチャーに変換する方法を概説します。

    プレゼンテーションを変換するためのリソース

    講師はPowerPointまたはKeynoteのプレゼンテーションを使用して、自分のコース用のビデオレクチャーを作成できます。ただしプレゼンテーションに音声ナレーションが含まれていてビデオファイル形式(.MP4、.WMV、.MOVファイル)に変換する必要があります。

    以下は、プレゼンテーションをビデオレクチャーに変換するためのリソースです。 

    メモ: これらの外部リソースは講師向けの役立つ参考資料として提供されており、その対応するコンテンツはUdemyによって管理されていません。これらのリソースについてご質問がある場合は、該当する企業に直接お問い合わせください。これらのリソースは、Udemyアカウントの言語によっては利用できない場合があります。

    Powerpoint

    Keynote

    記事を読む
  • 多岐選択式小テストの作成

    多岐選択式小テストをコースに追加すると、受講生がコース教材で学びながら自己評価することができます。小テストはコースのカリキュラムに直接追加でき、コースの概要に表示されます。受講を検討中の人がコースをそこで確認できます。

    小テストの作成

    1. コースの「カリキュラム」ページに移動します。
    2. ページの端で、クイズを追加したいセクションの灰色の領域にカーソルを置きます。表示された+アイコンをクリックし、次にクイズをクリックします。

    create_a_quiz.jpg

    3. 小テストに名前を付けて説明を追記し、再度「小テストを追加」をクリックします

    add_quiz.jpg
    質問の追加

    新しい小テストを作成したら、次は多肢選択式の質問を追加しましょう。

    1. 「質問」をクリックし、「択一選択」を選択します。

    quiz_questions.png

    2.質問を記入します。必要に応じて画像を追加することもできます

    quiz.jpg

    3.解答用に選択肢を作成します。選択肢は15個まで追加できます。

    4.選択肢のうち1つの隣にある吹き出しをクリックし、正しい解答を示します。

    5.推奨: この解答を選択した人へのアドバイスを書いてください

    6.保存をクリックします。

    7.小テストにほかの質問を追加するには、新しい問題をクリックし、上記と同じ手順を繰り返します

    new_question.jpg

    関連レクチャー

    受講生の理解を助けるため、小テストを特定のレクチャーにリンクすることができます。関連するレクチャーを利用して、受講生は前のレクチャーに戻って教材を振り返ることができます。関連レクチャーを追加するには、関連レクチャーの下のドロップダウンメニューをクリックします。関連レクチャーは、受講生が回答を送信した後にのみ表示されます。
     
    小テストの編集

    小テストはいつでも編集できます。

    質問の上にカーソルを置きます。次のアイコンが表示されます。

      • 編集 - 鉛筆アイコンをクリックすると、小テストの問題を変更できます。
      • 削除 - ごみ箱アイコンから小テストの問題を完全に削除できます。
      • 移動 - 3本線のアイコンを使って、問題をドラッグアンドドロップで移動できます。

    question_features.png

    小テストのプレビューと公開

    小テストの作成が完了したら、公開をクリックしてコースに追加します。受講生として小テストをプレビューすることもできます。回答を送信することはできませんが、受講生がコースを受講したときに小テストがどのように見えるか確認できます。

    記事を読む
  • ビデオの作成-PDFマッシュアップレクチャー

    マッシュアップレクチャーにはビデオとPDFスライドの両方が含まれます。受講生は簡単にテキスト教材とビデオを同時に表示できます。この記事では、講師がこのタイプの動的なレクチャーを作成し、コースに追加する方法を概説します。

    コースのカリキュラムにマッシュアップレクチャーを追加

    1. コース管理ツールから「カリキュラム」ページに移動します。
    2. ページの端で、マッシュアップレクチャーを追加したいセクションの灰色の領域にカーソルを置きます。表示された「+」アイコンをクリックします。

    _new_lecture_in_section.png3. レクチャーを選択してタイトルを入力し、次にレクチャーを追加をクリックします。
    4. 次に、レクチャー項目に表示される+コンテンツボタンをクリックします。
    5. ビデオとスライドのマッシュアップを選択します。

    mashup.png

    レクチャーコンテンツをアップロードする

    マッシュアッププレースホルダーをカリキュラムに追加したら、次にレクチャーのコンテンツを追加します。マッシュアップはビデオファイルとPDF文書で作成されます(ファイルのアップロードは1.0 GBまでに制限されます)。

    以下の手順に従って、PDFスライドとビデオをマッシュアップレクチャーに追加できます。

    1.ビデオとPDFをレクチャーに追加するには、「ビデオをアップロード」および「PDFをアップロードする」をクリックします(現在はブラウザーアップローダーのみを使用してマッシュアップレクチャーにビデオとファイルを追加できます。一括ファイルアップローダーは使用できません)。ファイルがアップロードされたら、処理が始まります。インターネット接続速度によっては、ファイルの処理に5分ほどかかります。

    注意: ビデオとスライドの処理が完了するまで、ブラウザーでカリキュラムのページを開いたままにしておく必要があります。

    mashup_2.png

    2.ファイルのアップロードが完了したら、スライドの矢印または下の破線をクリックして、使用するスライドを選択します。

    use_presentation.png

     

    3.続行する準備ができたら、このビデオを使用およびこのプレゼンテーションを使用をクリックします。

     

    ビデオとPDFを同期化する

    ビデオとPDFスライドをアップロードしたら、マッシュアップレクチャーをテキストエディターを使用して同期できます。「スライドの番号, ビデオに表示する時間」の形式でスライドと時間を追加して、ビデオに表示されるのを待ちます。1番目のスライドはレクチャーの最初に表示する必要があります。したがって、1番目のPDFスライドには「1、0」を入力する必要があります。2番目のスライドをたとえば20秒の位置に表示するには、「2, 20」と入力します。「6, 420」と入力すると、プレゼンテーションで6番目のスライドが8分(420秒)の位置に表示されます。

    hh:mm:ss形式(例: 2:05)を使用してスライドを表示する時間を設定することもできます。

     

    synchronize.pngスライドとビデオの同期を完了したら、続行&プレビューをクリックします。表示内容に満足したら、保存して続けるをクリックします。レクチャーを公開コースに追加している場合は、有効化するために「コースのカリキュラム」で公開をクリックする必要があります。

    以下に、完了したマッシュアップレクチャーでビデオが前景に選択されている場合の表示の例を示します。

    mashup_lecture.png

    受講生が右下にあるスライド画像をクリックすると、スライドがビデオと切り替わり、前景に表示されます。

    注: プレビュー機能はビデオとPDFのマッシュアップレクチャーに対応していないため、コースの無料プレビューにマッシュアップレクチャーを使用することはお勧めしません。

    記事を読む
  • レクチャーにリソースを追加

    コースレクチャーにリソースを追加することは、コースの付加価値を高め、受講生の学習体験を向上させるのに最適な手段です。この記事では、レクチャーに追加できるリソースの種類や、その追加方法について説明します。 

    メモ: リソースは無料とし、その内容がレクチャーのトピックに関連していなければなりません。プロモーション目的で提供することはできません。

    リソースのタイプ

    コースレクチャーに追加できるリソースの種類は以下のとおりです。

    ダウンロード可能なリソース

    リソースには、.JPG、.PDF、.ZIP、.XLS、.MOV、.MP3などの任意のファイルタイプを使用できます。残念ながら、.HTML、.JSなどのソースコードは直接アップロードできませんが、.ZIPファイルとしてアップロード可能です。個々のファイルの最大アップロードサイズは1 GBですが、アップロード可能なファイル数には制限がありません。ファイルはコースに直接アップロードするか、一括ファイルアップローダーを使用してライブラリから追加できます。

    外部リソース

    これらのリソースは、無料ウェブサイトへのハイパーリンクです。

    ソースコード

    開発コースについては、PythonおよびRubyファイルのみこの時点でアップロード可能です。

    アクセスしやすいリソース

    アクセシビリティの基準を満たすリソースをコースに追加することは、受講生のエンゲージメントを向上させ、コースのアクセシビリティを高めるうえで最適な手段です。アクセスしやすい学習コンテンツの作成についてはこちらをご覧ください。

    レクチャーにリソースを追加

    レクチャーにリソースを追加するには、まずレクチャーを作成してから、そこにコンテンツを追加する必要があります。 

    リソースを追加する準備ができたら、以下の手順に従ってください

    1)このコースのカリキュラムページに移動します

    2)レクチャーの右側にあるドロップダウン矢印をクリックします

    3)「リソースを追加」をクリックします

    add_resources.png

    4)リソースの種類として、「ダウンロード可能なファイル」、外部リソースソースコード」、またはライブラリ(ライブラリから追加)を選択します。次に、「ファイルを選択」をクリックします。「外部リソース」を追加する場合は、リソースのタイトルおよびURLを入力します。

    adding_resources_2.png

    複数のリソースをアップロードする場合は、受講生がダウンロードできるように.ZIPファイルをアップロードします。

    記事を読む